Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

家計を改善したいと思ったら、純利益に着目してみよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

「お金を貯めたい、増やしたい。家計が赤字になるときがあるので改善したい」。 実際のご相談では、家計に関するお悩みや問題を解決することが多くあります。その際、問題がある、ないにかかわらず、多くの方がお金の流れる仕組みについて明確な考えを持っていない方が多いような気がします。 ちょっとしたポイントさえ押さえればすべてがつながるため、お金がどう流れるかについて一緒に考えてみましょう。

家計簿で意識すべきポイント

お金の流れをしっかりと掴むためには、家計簿をつける必要があります。

※筆者作成 この表はいわゆる家計簿ですが、会計的には「損益計算書(P/L)」と考え方は似ています。例えば、一般的な会社員のご家庭の場合、収入に給与・賞与、支出に基本生活費・教育関連費・住宅関連費・自動車関連費などが入り、収入から支出を差し引いた金額が純利益になるかと思います。 純利益は、簡単にいうと、毎月、毎年で余ったお金です。「家計が赤字、どうしよう」、「お金を貯めたい、どうしよう」など、家計についていろいろと考えることがあると思いますが、こんなときどうやって家計に余裕を持たせればいいでしょうか。 家計簿の目的は、収入と支出の差額である純利益を増やすことにあるため、これら3つの関係性を特徴として理解しておけば、答えは自ずと見つかるようになっています。 (1)収入を増やす (2)支出を減らす (3)純利益が増える (1)か、(2)を実行するだけでも純利益は増えますし、もちろん、(1)・(2)の両方を行うと、純利益はより増えます。 この法則をもとに、「家計が赤字、どうしよう」を解決する場合、答えとしては「収入を増やせば、家計は黒字化する」、「支出を減らせば、家計は黒字化する」、「収入を増やし、支出を減らせば、家計はより黒字化する」となります。 また、「お金を貯めたい、どうしよう」を解決する場合は、目的はお金を貯めることなので、別のいい方をすると、純利益を増やす(≒お金を余らす)ことになります。 こちらも、「収入を増やせば、純利益が増える」、「支出を減らせば、純利益が増える」、「収入を増やし、支出を減らせば、純利益がより増える」という答えになります。 いわれてみれば当たり前ですし、そんなの分かってる、普段からやってるという方も多いかもしれません。でも、本当に重要な部分は次の考え方です。

【関連記事】