Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンクグループ、株式非公開化の協議再開へ-関係者

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Bloomberg

(ブルームバーグ): 1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ソフトバンクグループは傘下の英アーム売却で合意した後、株式非公開化について協議を再開する方針だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ソフトバンクGの幹部は、先に社内で反対された経営陣による自社買収(MBO)計画を再考する方針だという。情報が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語った。

関係者1人によると、同社はアームの米エヌビディアへの売却を近く発表する予定。事情に詳しい関係者は12日、アームの企業価値が約400億ドル(約4兆2500億円)と評価され、現金と株式による買収になるとブルームバーグに述べていた。

エヌビディア、ソフトバンクG傘下アーム買収で合意に近づく-関係者

株式非公開化の検討は初期の段階であり、実現しない可能性もある。この計画に対する同社幹部の見解はばらばらでまとまっておらず、多くのベテラン幹部が反対していると関係者1人は述べた。

ソフトバンクGはコメントを控えた。同社の株式非公開化に関する協議は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じていた。

同社は最近、テクノロジー企業への投資にデリバティブ(金融派生商品)を使う戦略で批判を受けており、幹部は最近の投資家との会合で、こうした取引が比較的保守的なものだと説明したという。

ソフトバンクG、オプション取引戦略の見直し検討-関係者

ブルームバーグがまとめたデータによると、孫正義社長のソフトバンクG株保有比率は6月25日の当局届け出では20%余り。

原題:SoftBank Is Said to Revive Talks to Go Private After Arm Deal(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Anto Antony, Dinesh Nair

【関連記事】