Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ズッキーニを丸ごとすりおろし。チーズ入りキッシュのレシピ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

旅行ジャーナリスト小野アムスデン道子さんが世界中・日本中を巡って出合った「名店の味」をレポート。家でも簡単に再現できるレシピをご紹介します。 今回取り上げるのは、全米一キュートな町とも言われるイリノイ州ガリーナの宿の名物。これ1品でぜいたくな朝食になる「ズッキーニ・キッシュ」を教えてもらいました。 食べごたえ満点&低糖質。旬のズッキーニを使ったラクやせレシピ

アメリカのB&Bの名物。ズッキーニのキッシュのつくり方

アメリカでは、昼食も兼ねたボリュームのある朝食(ブランチ)をよく楽しみます。 全米一キュートな町とも言われるイリノイ州ガリーナのB&B(簡素なホテルのこと)「ジェイル・ヒル・イン」で出た「ズッキーニ・キッシュ」は、そんなブランチにぴったり。

シカゴから車で約3時間のガリーナは、19世紀のレンガ造りの建物が並ぶ通りを赤いトロリーバスが走るかわいい町。南北戦争で活躍した後、大統領にもなったグラント将軍が住んだ家もある、アメリカでも人気のある歴史の町です。

そんな町の中腹に立つ「ジェイル・ヒル・イン」は、なんと元は刑務所として使われていた重厚な建物を改装して2016年にオープンした宿。

6室すべて異なるインテリアで、家に招かれたような家族経営のおもてなしが大好評。全米のトップB&Bに選ばれたこともあるほどです。

おいしい朝ごはんは、若きオーナーのマシュー・キャロルさんの手づくり。 ここではズッキーニのすりおろしを使ったおいしくてヘルシーなキッシュのつくり方を教えてもらいました。

●ズッキーニ・キッシュ 【材料(6人前)】 ・ズッキーニ(すりおろす)1.5カップ(約2本) ・タマネギ大(みじん切り) 1/2個 ・サラダ油 1/4カップ ・パルメザンチーズ(できればすりおろし)1/8カップ ・卵 2個 ・パセリ(みじん切り) 小さじ1 ドライパセリでも代用可 ・チェダーチーズ (細切り)1/2カップ(約120g) ・ビスクイック(ホットケーキミックス)1/2カップ *ビスクイックは、アメリカでポピュラーな、甘くないパンケーキミックスのこと。これを使うのがジェイル・ヒル・インのオリジナルレシピですが、市販のホットケーキミックス、もしくは以下の材料で代用できます。 ・薄力粉 1/2カップ ・ベーキングパウダー 大さじ1/2 ・サラダ油 大さじ1 ・牛乳 20ml ・塩 少々 ・砂糖 小さじ 1/2 【つくり方】 (1) 卵をボウルに割り入れてかき混ぜる。タマネギとサラダ油、パルメザンチーズとパセリを加える。 (2) すりおろしたズッキーニ、ビスクイックとチェダーチーズを加えて、さらにかき混ぜる。 (3) 9インチ(約25cm)の耐熱皿にサラダ油を塗って、(2)を流し入れる。 (4) 約180℃に予熱したオーブンで35分間、表面が黄金色になるまで焼き上げる。 ほかにマッシュルーム、ピーマンや赤ピーマン、ケール、ブロッコリー(いずれもみじん切り)などを材料に加えてもおいしい。野菜を増やしたときは、様子を見ながら、1時間ほど焼き上げてください。 <取材協力・写真提供/ジェイル・ヒル・イン(JAIL HILL INN)取材協力/ミシシッピ・リバー・カントリーUSA、イリノイ州観光局 取材・文/小野アムスデン道子>

【関連記事】