Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46・齋藤飛鳥、街なかでブツブツ独り言…その理由は?

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。5月23日(土)のオンエアでは、「英語でSING♪ SING♪ SING♪ この曲なんだっけクイズ!」で英語を学んだ。 【画像】大人っぽいスカートの乃木坂46・齋藤飛鳥

齋藤流セリフ暗記方法

齋藤からのあいさつ「What’s up?」(元気?)でスタート。齋藤はリモートで出演した。まずは、リスナーからの質問に回答。 「膨大な量の暗記をするときに工夫していることはありますか?」 ハリー:7000個の英単語を知っている飛鳥ちゃんなら、こういう質問に一番答えたいんじゃないですか? 齋藤:何をおっしゃってるんですか(笑)? ハリー:あはは(笑)。でも、マジな話、ドラマや映画のセリフ、歌詞とかを頭にいれないといけないじゃないですか。僕もどうしてるのか知りたいです。 齋藤:どうしてるんだろう、私。うーん。あ、最近だと(齋藤主演)『映像研には手を出すな!』のドラマと映画を撮ったとき、自分が知らない単語を死ぬほど覚えなきゃいけなくて。書くと覚えるっていうじゃないですか。書くのもすごくいいと思うし、私もやりますけど、それよりも耳から入れたほうが覚えるなと思って、録音してそれをずっと聴いたりしていました。 ハリー:なるほどね。それはセリフのとき? 齋藤:セリフのときによくやりました。あと、自分の中で覚えていても出せないと意味がないじゃないですか。だから出す環境に慣れないといけないと思って、街なかで人ごみを歩くときにセリフをブツブツ言ってました。 ハリー:へえ、そうなんだ。 齋藤:体を動かしながら覚えてました。 ハリー:いいよね。『映像研には手を出すな!』のときってことは、半年以上前の話だよね。 齋藤:そうなんですよ。 ハリー:自分の場合、走りながら覚えます。昔、走りながら歌を歌うと意外と頭に入りやすかった。動きながら覚えるといいんだよね。 齋藤:いいですよね。 ハリー:いざというときに言葉が出ないことってあるじゃん。それは、その場の空気にのまれてることがある。だから自分のポテンシャルより、その場の空気を五感でどう感じるかを想定しておくといいよ。あと、深呼吸すると意外と思い出すかもしれない。 齋藤:たしかに。 ハリー:舞台に出演したときは長いセリフが多かったので、走りながら覚えました。 齋藤:(リスナーさんも)体を動かしながら頑張ってくださいね。

【関連記事】