Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「入り口で20秒」ウイルス死滅させる新装置も アメリカで注目の“遠紫外線”効果

配信

FNNプライムオンライン

「遠紫外線」が新型コロナウイルス対策に有効!?

新型コロナウイルスの日本国内での感染が初めて確認されてから半年。世界がワクチン・治療薬の開発を急ピッチで進める一方、感染リスクを下げる技術開発も進んでいる。今、アメリカでは、ウイルスとの闘いにおいて「遠紫外線」が効果的だとして注目を浴びている。 【画像】店の入り口でこのように照射すると効果的!実際照射する方法を画像で見る そもそも、紫外線を使った殺菌技術は100年以上前に開発され、利用されてきた。病院では従来、医療器具などの消毒に使われているが、人体への有害性が高く、人が立ち入らない場所でしか使用できなかった。最近では、ニューヨーク市の地下鉄が24時間運行を取りやめ、夜間に紫外線を照射し車両を消毒している。 最新の研究で、新型コロナウイルスにも有効、かつ安全な紫外線の技術が開発されたことが明らかになった。より安全な環境で営業を再開したい企業や店舗から防疫対策の「新たな武器」として、ニーズが高まっているという。

NASA元技術者が開発 入り口で20秒でウイルス除去する紫外線装置

首都ワシントンの老舗バー「パブリック・バー・ライブ(Public Bar Live)」は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、約2カ月にわたって営業を取りやめた。5月末に営業を再開する際、新たに導入したのがNASA=アメリカ航空宇宙局の元技術者らが開発した「クレンズ・ポータル」という遠紫外線照射装置だった。何故、この装置が営業再開の決め手になったのか? 店舗を訪れてみると、入り口にはセキュリティゲートのような形をした「クレンズ・ポータル」が設置されている。店員の指示に従い、装置の下で両腕をあげ一面につき5秒、90度ずつ身体の向きを変え全身で計20秒、遠紫外線を浴びると体や衣服の表面に付着したウイルスの約9割が死滅するという。入り口で、客や従業員がウイルスを除去してから入店すれば、より清潔で安全な空間で過ごせるというわけだ。 導入の理由について、マネージャーのクリス・ウィリアムズさんは、マスクや消毒液だけでなく、安全対策としてやれることはすべてやる必要があった、と話す。客側が安全性を気にして外食を躊躇していただけでなく、勤務を再開する従業員に対しても、安全な労働環境であることを示して安心させる必要があったからだ。 装置によって営業利益が急増したとまでは言えないものの、大部分の客が入店の際には装置を利用し(※利用は義務ではない)、話題作りに役立っているという。 利用客も「店側が安全に気を使っていることがわかり安心だ。今は安全かどうかが、店選びの基準になる」とまずまずの反応だ。

【関連記事】