Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飲酒をテーマに夫婦で世界一周したライターが缶詰でアジア料理を再現してみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
メシ通

こんにちは、世界一周をしたライターの松本祐貴です。 「長い人生で一度だけの贅沢な夏休み」と考えて、僕が妻と一緒に世界を巡り、いろんなお酒を飲みまくっていたのは2013年から1年半ほどでした。 アジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、南米などで、ときに酔っ払いにからみ、からまれ、ときに踊ったり笑ったり。 その後も、ブータンに雪男を探しに行くなど、海外旅行は大好きです。 しかしコロナウイルスの影響で、次にいつ海外旅行に行けるか分かりません。 そこで自粛期間は海外で食べた料理を思い返しながら、自宅で3食ご飯を作り、週に何本かの酒瓶を空けています。 ただ、僕はずぼらな性格で、手間がかかる料理はほとんどしません。ハンバーグを作るのも面倒だし、じゃがいもや人参は、皮もむかずにシチューに入れているほどです。 「煩わしくなくて、手軽にアジア料理の味に近づけるには」と考えた結果、コンビニやスーパーで売っている安価な缶詰を利用しようと思いつきました。 これからの蒸し暑い季節には、タイ、インドネシアなどのアジアンエスニックが最適です。そこで世界一周のエピソードと共に、現地で食べたアジア料理を再現した缶詰レシピを紹介します。

ビールとの相性が抜群な「グリーンカレー鍋」

まずは、タイで愛されているグリーンカレー。 現地では「ゲンキョウワン」と呼ばれ、ナスなどの野菜や肉をココナッツミルクで煮込み、スープ兼おかずとして食べられています。 タイには、店舗を構えるレストランもありますが、それ以上に屋台が充実しています。屋台の集まる路地には、麺、粥、焼き飯、焼きそば、カオマンガイ(鶏蒸しご飯)、クレープやジュースなどのお店が軒を連ねています。 タイの人はフレンドリーなので、同じお店に何日か通えば、言葉がそれほど通じなくても、お店の人からあいさつをしてくれます。「サワディーカー(こんにちは)」「コープンカー(ありがとう)」ぐらいしか話せない僕にも、飯屋のおばちゃんはニコっと笑い、料理を差し出してくれるのです。 屋台料理の中でもお気に入りだったゲンキョウワンは、ココナッツミルクの甘さの中に、タイ特有のパンチの効いた唐辛子の辛味と旨みがありました。タイ米にも合いますが、なによりもビールが一番の友と言えるでしょう。 現地ほどの新鮮な辛みはないですが、タイグリーンカレーの缶詰で近い味が再現できます。ただのカレーではなく、和風のだしもたっぷりきかせて、カレー鍋にしてしまえばお酒も進みます。

【関連記事】