Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

漫画家も「壁」に挑戦 アニメ「いわかける!」原作者・石坂リューダイ氏に聞くスポーツクライミングの魅力と描く難しさ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 秋の新アニメ「いわかける!- Sport Climbing Girls -」が、10月3日からスタートした。漫画、アニメの世界ではなかなか例を見ないスポーツクライミングをテーマにした作品。野球やサッカーといった球技、ボクシングや総合格闘技といった、対決構図がはっきりとしたものが多い中、ひたすらホールドに手足を掛けて壁を登るという競技を描く上では、様々な工夫や苦労があったという。お手本がない中、原作者の石坂リューダイ氏は、どんなことを考えたのか。どうやってパズルゲームの天才・笠原好(かさはら・このみ)にしてクライマーという主人公が生まれたのか。 -まずスポーツクライミングという競技を描こうと思ったきっかけからお願いします。  石坂リューダイ(以下、石坂氏)  僕はこれまでスポーツ漫画を多く手掛けていたので、当時の編集さんと何かスポーツものでいこうという話をしていました。その時、友達とよくボルダリングジムに行くという話をしていたら、ちょうど日本で国際的なスポーツイベントもあるし、いいんじゃないかという話になったんです。とりあえず12月に行われる高校の全国大会に行ってみたんですが、とても熱くて、ドラマがあると感じ、そこから高校生のキャラクターを練ってみようと思いました。 -大会を見た印象はいかがでしたか。  石坂氏  会場にDJがいたりするんですよね。大会としてエンターテインメントというか、とても若さを感じたし、見る人にも気配りがあるのが新鮮でした。それから選手が自分の高校を応援するのはもちろんなんですが、見に来ているお客さんも「ガンバ!ガンバ!」と声をかける。その様子に手に汗を握りましたね。あと、たまたま1手目で落ちてしまった女子選手がいたんですが、それをみんなでなぐさめているところを見て、ドラマを感じました。 -最近、壁は登っていますか?  週刊の連載をやっているとなかなか行けないんですよね。行くと次の日、絶対右手が動かなくて、漫画が描けなくなっちゃうもので(苦笑)

【関連記事】