Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

38歳の主婦が、モラハラ夫から「慰謝料1300万円」をゲットするまでの一部始終

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

---------- 前編はこちら→年収900万円「稼ぎのいい彼」が豹変…! 結婚後に知った夫の「ヤバいの本性」 ---------- 33歳専業主婦が呆れた…年下女と密会していた夫の「ヤバい言い訳」  離婚弁護士の後藤千絵さんのもとには、夫婦関係や家庭内暴力、不倫問題、家族間のトラブルなど相談が日夜耐えないという。今回の相談者の幸恵さんは、営業成績はバツグン、会社でも人望の厚い5歳年上の上司と結婚。人としても尊敬できる大好きな彼と幸せな家庭を築けると思いきや、その結婚生活は思わぬ方向に進んでいくのでした…

「うちのバカ嫁」呼ばわり

---------- <今回の相談者の家族構成> 妻 一ノ瀬幸恵(38歳) 専業主婦★相談者 夫 一ノ瀬和馬(43歳)自動車ディーラー勤務 年収900万円 子供 泰斗(10歳) 海斗(8歳) ----------  5歳年上の元夫、和馬さんから結婚式当日に渡された「結婚誓約五か条」には、「食事は必ず5品目以上つくること」「生活費は5万円でやりくりすること」「夫が話しかけるまで妻側から話しかけないこと」など、いまどき冗談としか思えないような内容が書かれていました。  なんとか説得し、生活費は7万円にひきあげてもらった幸恵さん。それでも当時は大好きな元夫と順風満帆な結婚生活を送っていたといいます。2年後には第一子が、その後に第二子も生まれふたりの子供を育てるのに、さすがに7万円でやりくりするのが困難になりました。  生活費のアップを訴え、しぶしぶそれに応じた元夫でしたが、それでもギリギリの生活に変わりはありません。  「そもそも子供が二人もいて食費や光熱費を含めて10万円で収めるなんて到底無理な話ですよね。私も反抗すればよかったのですが、幼いころからの「一生懸命になりすぎる癖」が身についてしまっていて、逆になんとか工夫して10万円以内に収めようと頑張ってしまって。  それに実際に10万円以内で収められた月もあったのです。その時は、「今月はすごいじゃないか」などと言われて、褒められた! と素直に喜んでしまいました。彼はそんな風に飴と鞭を使い分けることで、私をコントロールしていたのだと思います」  和馬さんの言うことを忠実に守り、文句の一つも言わずに一所懸命尽くしていた幸恵さん。元夫の性格に疑問を持ったのはママ友の一言がきっかけだったといいます。  「初めて疑問を感じたのが、ママ友達との飲み会でした。同じマンションのママ友とは仲が良く、休日にはパパ達とも一緒に飲み会をすることが月に数回程度あります。ママ達とパパ達に分かれて、お酒と持ち寄りの料理をいただきながら、わいわい盛り上がるのです。  元夫は仕事を理由にあまり参加しなかったのですが、珍しく参加した時のこと。酔いも入っていたのかもしれませんが、突然、彼が他のパパ達に向かって「うちのバカ嫁が、気が利かなくてすみません~」「もう早く離婚したいんですよ~、いい弁護士知りませんかね~」などと暴言を連発したのです。  他のパパ達はドン引きし、楽しい飲み会の席は一気に凍りつきました。ママ友達の席にも元夫の声は聞こえてきましたから、私はいたたまれなくなり、ずっと下を向いていました。  その後、飲み会の片づけをしている時に、ママ友の一人が「うちの旦那が、あれはないよ、逆にあんな奴とは別れた方がいいんじゃない、って言ってたよ。私もそう思う。ちょっと真剣に考えてみたら?」と親身になって言ってくれました」  そこで初めて、他人からみたらこの状態は普通じゃないんだな、と気がついた幸恵さん。振り返ってみると、元夫の金銭感覚やこれまで私が言われてきたことに思い当たる節がいくつもありました、と話を続けます。  「いろいろと調べたりしていくうちに、私はモラハラを受けていたんだと目が覚めました。ママ友が親身になってくれたのと、モラハラの事実を知って肩の荷がおりたような気持ちでした。  それでも専業主婦だし、子供二人を自分一人で育てられるかと不安でいっぱいでした。ハッキリしていたことは、この先、このままの状態では元夫とはもうやっていけないという気持ちだけです。それでいろいろ考えて、一度、離婚専門の弁護士さんに相談に行こうと思ったのです」

【関連記事】