Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和久井健『東京卍リベンジャーズ』2021年テレビアニメ化&特報PV公開

配信

クランクイン!

 『東京スワン』の作者・和久井健による、累計発行部数400万部超の漫画『東京卍リベンジャーズ』が、タイトルを『東京リベンジャーズ』として2021年にテレビアニメ化されることが決定。和久井が描き下ろしたティザービジュアルと特報PVが公開された。 【写真】テレビアニメ『東京リベンジャーズ』ロゴビジュアル  本作は、2017年より「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の漫画『東京卍リベンジャーズ』のテレビアニメ化。タイムリープして成長する主人公タケミチの姿、仲間との絆、心揺さぶられる名言などで、10代、20代の男女を中心に人気を集めている。実写映画化も決定し、北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮と若手俳優7名の出演が発表されている。  人生どん底のダメフリーター・花垣武道(タケミチ)は、中学時代に付き合っていた人生唯一の元恋人・橘日向(ヒナタ)が、最凶最悪の悪党連合“東京卍會”に殺されたことを知る。その翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落。死を覚悟したが、目を開けると何故か人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープしていた。恋人を救うため、そして逃げ続けた自分を変えるため、タケミチは人生のリベンジを開始する。  “東京卍會”の結成記念日である6月19日0時に公開された特報PVでは、原作カットを使用して東京卍會結成や抗争の様子が映し出され、最後にタケミチ、マイキー、ドラケン、場地、一虎が集合したティザービジュアルがお披露目された。  併せて開設されたアニメ公式ツイッターには、今回の発表を受け「心の底から嬉しい」「待ってました!」「めっちゃ楽しみです!」など、ファンからの歓喜の声が多数寄せられている。  テレビアニメ『東京リベンジャーズ』は2021年放送予定。

【関連記事】