Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46白石麻衣、“最初で最後”のホラーゲームに挑戦 へっぴり腰でプレイもあまりの怖さに……

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 乃木坂46の白石麻衣が9月18日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「【VRホラー】白石絶叫!だるまさんがころんだ【my games】#5」と題した動画を公開した。 【写真】ホラーゲームに挑むもへっぴり腰の白石麻衣  今月12日、チャンネル登録者数100万人を突破した「my channel【白石麻衣 公式】」。8月20日におよそ1時間にわたり生配信を行い、公式YouTubeチャンネルのデビューを飾った白石だが、配信開始から1ヶ月足らずで大台に到達した。なお、同アカウントでは、チャンネル登録者数10万人突破記念として贈られる銀の盾、そして100万人突破記念として贈られる金の盾が到着したことをお知らせする動画も、9月16日に公開されている。  今回、白石はゲーム機「PlayStation 4」の「PS VR」を使ってホラーゲーム「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」をプレイするという。しかしゲームが始める前には、「先に言っておきます。(クリアする)自信はないです。ホラーは大嫌いなので、またうるさくしちゃいそうだな…」と呟いていた。  いざゲームが始まると、終始ビクビクしながらプレイする白石。しかし途中で白石の仲良しのメンバーとして知られる松村沙友理と同じ名前の「さゆり」というキャラクターに出会うと、少しテンションが上がっていた様子だった。  しかしながらゲームが新たな展開を迎えるたびに恐怖で絶叫してしまう白石。なんとかレベル1をクリアすると、「ヤバ…。かいたことのないところに汗かいてる…。いや~これキツいです。足も震えている…」と自身の状況を伝えていた。  勇気を振り絞り、レベル2のステージへと進む。しかし恐怖がより増しているのか、白石は途中で「イヤ~」と野太い声を発してしまう展開に。へっぴり腰になりながら必死にプレイしていったが、奮闘虚しくゲームオーバーを迎えてしまっていた。終了後、「私にとってはすごい恐怖だったので、これはもうやらないかな。ホラーゲームは今回限りだと思います」と訴えたが、マネージャーから「結末に興味はない?」と聞かれると、「興味はある」と返事した。「じゃあやりましょうよ?」と勧められると、白石は「一回考えさせて。やるとしても間は空けてだね」と冷静に答えていた。  #3ではバトルロワイヤルゲーム「Fall Guys」のゲーム実況に挑戦した白石だったが、今回は苦手なホラーを題材にしたゲーム実況を行った。終始リアクションも大きく、17分弱の動画の中に、白石の飾らない魅力がたっぷりと詰まっていたように思う。ナチュラルな姿を惜しげもなく披露しているYouTubeという場を通じて、今後もファンを拡大していきそうな気配だ。

中山洋平

【関連記事】