Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メッシ退団後のバルサの“惨状”をスペイン紙が予測「ジョーダンが去った後のブルズのように…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

「伝説のチームは活気のない集団に」

 リオネル・メッシが退団したバルセロナは、マイケル・ジョーダンが去った後のシカゴ・ブルスのようになるかもしれないーー。そんな興味深い見解を掲載したのが、スペイン紙『MARCA』だ。 【PHOTO】“稀代のスーパースター”リオネル・メッシの輝かしいキャリアを写真で振り返り!  「ジョーダン退団後のブルズの惨状が、バルサの悪しき前例となる」という見出しで綴られた記事は、まずバスケットボール界のスーパースターだったジョーダンが退団した後、ブルスが長らく低迷に陥ったことを紹介。同じく世界最高峰に君臨するメッシがチームを離れた場合、バルサも同じ運命を辿るのではないかと予想している。  1984年にブルズに加入したジョーダンは、1年目からリーグ3位の平均得点を記録するなどの大活躍で新人王を獲得。その後も在籍13年間で10度の得点王に輝き、その間6度のシーズン優勝に貢献するなど黄金時代を築き上げた。  NBAの歴史にその名を刻んだジョーダンが去った後のブルズの状況を、記事は次のように説明した。 「伝説のチームは活気のない集団になってしまった。それ以来、1度も優勝していないのだ。フィル・ジャクソン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンのようなクラブの“アイコン”が次々と退団し、チームはバラバラとなってしまった」  そして、『MARCA』は「現在、バルセロナも同じ危機に直面している」とし、メッシに加えて、クラブ歴代3位の得点記録を持つルイス・スアレスの退団も濃厚視されているカタルーニャの雄が、同じ憂き目に遭う可能性を指摘している。  確実に、ひとつのサイクルが終わった感のあるバルサ。ブルズのように暗黒時代に陥らないためにも、ロナウド・クーマン新監督は重要な責務を負うことになる。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】