Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

8月に独自千葉大会 高校陸上、中学バスケなど

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県は19日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総体(インターハイ)などが史上初の中止となったことを受け、8月中に陸上や体操などの競技で代わりとなる独自県大会を行うと発表した。県内の各競技団体が主催し、県教委や県高体連が後援予定。  開催を検討している競技は陸上、ソフトテニス、体操、新体操、卓球、ソフトボール、テニス、ヨット、ウエートリフティング、硬式野球、軟式野球、中学バスケットボールの12競技。硬式と軟式の野球は県高野連が独自大会の開催をすでに発表している。  各競技団体がガイドラインを作成し、感染防止対策を徹底し実施する。開催時期は県が定めた部活動の対外試合解禁日となる8月1日から、同31日までが原則となる。  インターハイのほか夏季競技の県高校総体、全国中学校体育大会(全中)や県中学総体も中止が発表されている。県高体連は代替大会を含む主催行事開催を8月末まで中止すると5日に発表した。しかし、各競技団体が主催となり支援することで、3年生のための「最後の舞台」創出を目指す運びとなった。

【関連記事】