Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「妻なき人の妻となり…」237年前の土石流、生き延びた村人の決断 「日本のポンペイ」伝える災禍

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

群馬県嬬恋村鎌原(かんばら)地区、どこにでもありそうな小さな観音堂に、地域内外の人たちが次々とお参りにやってくる。観音堂へは小さな赤い橋を渡り、15段の石段を上る。ただ、橋の下を見ると、石段は掘り起こされた地下にも続いている。477人が亡くなり、助かったのは石段を上り切った93人だけ。〈妻なき人の妻となり〉〈主なき人の主となり〉。237年前に火山の噴火による壮絶な経験を現代に伝える「日本のポンペイ」を訪ねた。(朝日新聞編集委員・東野真和) 【画像】参道下に眠っていたミイラ…迫る土石流、運命を分けた「50段」の階段

運命を分けた「50段」

観音堂へは小さな赤い橋を渡り、15段の石段を上る。実はこの石段は50段あった。江戸中期の天明3年(1783年)、12キロ先に火口がある浅間山の噴火に伴う溶岩が土石流になって襲い、35段分が埋まったのだ。 人口570人の鎌原地区一帯は、深さ5~6メートルの土石流で覆われ、477人が巻き込まれて亡くなり、石段を上り切った93人だけが助かった。観音堂は、噴火前から残る唯一の建物だ。 火山の噴火で埋没したイタリアの古代都市、ポンペイになぞらえて「日本のポンペイ」とも言われる。

あと一歩で……犠牲になった母娘?も

1979年に、観音堂付近などで発掘調査が行われて、下に35段分の石段が見つかった。そこから女性2人の白骨化した遺体が折り重なって見つかった。 まだ皮膚の一部や目、髪、頭巾なども残っていた。1人の髪は白髪だった。髪の結い方や骨の鑑定などの結果、若い女性が老婆を背負って石段を上っていて、あと一歩の所で土石流の飲まれたようだった。「おそらく娘が母を助けようと懸命に石段を上ったんだろう」と住民は推測する。遺体は手厚く葬られた。 鎌原地区に当時から残る建物は、この観音堂だけだ。だが、当時の様子は、237年たった今も、しっかりと語り継がれている。それは、当時の様子を「和讃」という御詠歌のような節の歌にして、毎月2回、住民が集まって念仏とともに唱え、伝承し続けているからだ。 以前は、各家を時計回りにまわっていたが、最近は、多目的センターに集まって唱えている。全犠牲者477人の名前と当時の年齢が記された掛け軸も掲げられる。

【関連記事】