Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「神企画」「まいやんの新たな一面」 白石麻衣、YouTube初投稿はバッティングセンターで本気スイング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 乃木坂46メンバーで2020年10月28日にオンラインで卒業コンサートを予定している白石麻衣さんが8月23日、自身のYouTubeチャンネルで「【初投稿】白石麻衣、3年ぶりの本気スイングです。#1」と題した動画を公開。バッティングセンターで熱心にバットを振る姿や、休憩中のアイスに幸せそうな様子など、素の表情あふれる白石さんに「1つ1つの行動がかわいすぎて至福のひととき」と反響が寄せられています。 【画像】動画での別ショット(2枚)  中学時代はソフトボール部に所属していたという白石さん。バッティングは3年ぶりとのことで、動画の序盤では「正直、打てるのかも分からない」と少し心配する様子も見せましたが、初球からきれいにボールを打ち返し、70キロ、100キロ、110キロの投球速度でほぼ空振りなしの見事なバッティングを披露しました。  球速110キロに挑戦する際には、20球中3本ヒットを打てたらマネジャーからアイスをおごってもらうという企画にも挑戦。結果は惜しくもヒット2本で、白石さんは悔しがりながらも「アイス食べたい……」「アイス買いに行こっ」とお願いし、無事アイスをゲットしました。あんなにかわいくお願いされたら買うしかない。  休憩後、白石さんは、設置されているホームランの的にボールを当てるとバッティングセンター内に名前を掲載できるという情報を発見。球速110キロで挑戦し、的まで約2メートルに迫るニアミスもありましたが、ホームランには届かず。「来月また来ます!」と再挑戦に燃え、マネジャーに「(スケジュールを)3つくらい空けといてください。全部バッティングセンター」と意気込みを語りました。  動画は公開から約15時間で再生回数139万回を突破し、YouTubeの急上昇ランキング1位に。ファンからは「神企画」「1つ1つの行動がかわいすぎて至福のひととき」「まいやんの新たな一面が見られた」「とってもきれいな人なのに全然飾ってなくて、子どもみたいにアイスを選んでるまいやんがたまらなくかわいい」と、バッティングセンターを満喫する白石さんの無邪気な姿に癒やされたという声が寄せられました。

ねとらぼ

【関連記事】