Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大島てるも解明できない、事故物件の“不思議な問題”とは? 「“怖いな”と思うけど、なぜかは説明できない…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。9月8日(火)の授業講師には、事故物件公示サイト「大島てる」の管理人・大島てるさんが登場。未来授業2時間目となるこの日の放送では、「事故物件を隠しているのは、誰か?」をテーマに、お届けしました。

2005年に開設された同サイトは、当初東京23区のみの事故物件情報を公示していましたが、徐々に注目を集め、現在では日本全国のみならず海外の事故物件情報も掲載するなど、規模を拡大。物件を探す人から不動産関係者にまでニーズの広がりを見せています。 また、大島さんはサイト運営だけでなく、「事故物件ナイト」と題した事故物件イベントを開催するなど、活動の幅を広げています。

◆事故物件情報が実際の数よりも少ない理由

事件や事故、自殺や孤独死などで、入居者が部屋で亡くなり、いわゆる“いわくつき”や“訳あり”になってしまった物件=事故物件。サイト「大島てる」には、日々そうした情報が寄せられています。ただ、事故物件全体の数と比べると、寄せられる情報は少ないのが実態のようです。 大島さんは、「日本では年間およそ2万人が自殺で亡くなっています。そして、そのうちの約半分が家のなかでお亡くなりになっている。そうすると、自殺に限っても単純計算で毎年約1万軒の事故物件が増えていることになります。ところが、そこまでたくさんの事故物件情報が集まってきているわけではない」と現状を語ります。 なぜ寄せられる事故物件情報が実際の数よりも少ないのかというと、「それは、当然隠したいから」。物件の売り主、貸主、そして管理会社や不動産会社、仲介業者などにそうした動機があることが考えられると大島さん。 世間一般的には「事故物件って安いんでしょ?」などと言われることがあるようですが、「それは正直に事故物件を『事故物件だ』と言っている場合の話」と言います。そして、なかには正直に事故物件であることを明かさない、さらには(売価や賃料を)安くもしない事例があふれていると大島さんは指摘します。

【関連記事】