Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤原季節と細川岳による刺激的な日々 『佐々木、イン、マイマイン』特報映像公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 11月27日公開の藤原季節主演映画『佐々木、イン、マイマイン』より、両A面ティザービジュアルと特報映像が公開された。 【写真】映画『佐々木、イン、マイマイン』特報映像  本作は、King Gnuの「The hole」や平井堅の「#302」、Uru「あなたがいることで」のミュージックビデオを手がけた内山拓也が、デビュー作『ヴァニタス』でもタッグを組んだ俳優・ 細川岳との共同企画で挑む長編映画。実在する細川の同級生“佐々木”のエピソードをもとに、誰もが「あの頃の自分」、そして「今の自分」と出会える、普遍的な青春を描く。  主人公・三谷悠二(藤原季節)は、俳優になるために上京したものの鳴かず飛ばずの日々を送っていた。別れた彼女との同棲生活も未だに続き、彼女との終わりも受け入れられない。そんなある日、高校の同級生と再会した悠二は、在学当時に絶対的な存在だった“佐々木(細川岳)”との日々を思い起こす。やがてある舞台に出演することになった悠二だったが、稽古が進むにつれ、舞台の内容が過去と現在にリンクし始め、 日常が加速していく。そんな矢先、数年ぶりに佐々木から着信が入り、悠二の脳内に「佐々木コール」が鳴り響いた。  藤原と細川のほか、萩原みのり、遊屋慎太郎、森優作、小西桜子、河合優実、井口理(King Gnu)、鈴木卓爾、村上虹郎らが脇を固める。  このたび公開されたティザーチラシには、悠二と佐々木の対比が写し出されている。こちらを見つめる悠二のビジュアルには、佐々木からの「お前は、お前の人生を変えろ」という激励、佐々木のビジュアルには悠二の「俺たちは、きっとまた会える」というノスタルジーと、それぞれ胸に秘めた互いへのメッセージが綴られている。  特報映像では、「クソみたいな今を生きている俺へ」や「みんなの心の中にいる“ヒーロー”との愛おしい時間」といった言葉と共に、悠二の鬱屈した現実と、佐々木と過ごした刺激的な日々の対比が鮮やかに映し出されている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】