Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【NFL】ベアーズQBトゥルビスキーは別人のように変わったとRBパターソン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NFL公式サイト日本語版

シカゴ・ベアーズはクオーターバック(QB)ミッチェル・トゥルビスキーをプッシュするため、もしくはトゥルビスキーからその座を奪うため、ニック・フォールズを起用した。レシーバーからランニングバック(RB)に転身したコーダレル・パターソンによれば、チームのその動きはこれまでのところ、4年目を迎えたトゥルビスキーをより良い形に導いているようだ。

「彼は実際、今年はまったく新しい選手に生まれ変わったように見える」とパターソンは述べた。

「それが彼の目とか、あらゆるところに見て取れる。彼の中に火がついた。それが俺たちがQBに必要としていることだし、その競争が皆からベストを引き出す。彼とニックがあの仕事のために何ができるのか、わくわくしているよ」

トゥルビスキーはこのオフシーズンに、見通しや正確性を改善するためにフットワークに取り組んでいると話していた。これらは昨年のベアーズオフェンス陣を妨げた要素だ。ヘッドコーチ(HC)マット・ナギーの攻撃陣でまた1年フルシーズンを過ごしたことも、トゥルビスキーの助けになった。

パターソンのコメントについて聞かされたトゥルビスキーは「俺は自分に求められているものや、やらなければならないことを分かっている」と述べた。

「俺はオフェンスにもう少しの鋭さや、あと少しの切迫性をもたらしているだけだし、ただそこへ出て行って最高の決断をし、オフェンスの刺激になろうと努力している。俺たちはこれからも練習に最高のエネルギーをつぎ込めると思うし、QBルームで互いをすごく支えていけると思う。競争するかどうかは関係なく、俺たちはこのオフェンスを必ず良くしていかなければならない。俺が毎日やっていることはそれがすべてだ」

「(パターソンが)そう言ってくれたことは俺にとって大きい。ただ自分の仕事を頑張っていて、このオフシーズンは自分の技術に取り組んできたと感じている。それがこんなにも早くに見えて、チームメイトが気づいてくれたのはいいことだ」

【関連記事】