Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ドムドムおじちゃん」へ贈る言葉 82歳で閉店、写真家が記録した100枚 幼稚園の頃から通い続けて…

配信

withnews

 6月末で閉店した三重県桑名市の「ドムドムハンバーガー桑名FC店」。幼稚園のころから通っていた写真家が閉店を前に帰郷し、100枚ほど撮影した。 【画像】濱田さんが撮影した「ドムドムのおじちゃん」。最終日、シャッターを閉める瞬間の写真もあります…

幼稚園のころから

 生まれも育ちも桑名の写真家・濱田紘輔さん(29)。最も古いドムドムの記憶は幼稚園時代までさかのぼる。  ドムドムがあったビル「桑栄メイト」の4階に両親が経営する「ミュージックショップハマダ」が入っていて、幼稚園のお迎えの後、仕事が終わるまで建物内で待っていた。  1階から4階までフロアを駆け回ったり、台車をスケボー代わりに遊んだり。小遣いをもらってドムドムで過ごすこともあった。  小中学校時代は友だちと連れだってドムドムでハンバーガーを食べるようになり、高校時代は女の子を連れて行ったこともある。親に見られると気まずいので、ドキドキしながらこっそりと。

おじちゃんはクローン?

 ファストフード店にありがちな機械的オペレーションはなく、レジで注文すると席までオーナーの太田勲さん(82)たちが運んで来てくれる。太田さんは時事ネタや近況について積極的に話しかけてきた。それは相手が女子高校生でも変わりなかった。  濱田さんの目には、当時も今も太田さんの姿はまったく変わっていないように映る。  「同窓会などで集まると、よくドムドムの話になります。『おじちゃんはクローンなんじゃないか』って。ほとんど都市伝説です」

閉店を知らされて

 高校卒業後、地元で会社員として働きながら写真を撮り続けてきて、昨年春に写真集を出版。夏には退社し、年末には桑名を出て、東京で活動している。  上京するにあたって、おじちゃんは「がんばれよ」と、頼んでいない商品まであれもこれもとサービスしてくれた。  それから数カ月も経たないうちに、閉店することを知った。  個人的な思い入れだけでなく、なくなることの意味を社会に問いかけたい。そんな思いから、おじちゃんに相談して写真を撮らせてもらうことになった。  「多くの人に愛された場所がなくなるというのは、どういうことなのか。大規模チェーンでもショッピングモールでもない、そんな場がこれからも変わらず残っていくことができるのか。そんなことを考える機会にならないかと思ったんです」

【関連記事】