Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2画面デバイス「Surface Duo」の米国発売は9月10日で予約スタート、価格は1400ドルから

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia PC USER

不自然な情報公開

 Surface Duoに関する最新のリーク情報は現地時間で8月12日早朝に公開されたが、それに続く形でブッフホルツ氏のBlogは公開された。一応、その間にパネイ氏のティーザー広告が入るのだが、その直後に中途半端な公式情報が出てしまったわけで、非常に唐突感がある。  以前のレポートでは、Snapdragon 855搭載などのスペックの話題に触れているが、これはあくまでうわさの範囲で、発売日や価格にまで言及しているブッフホルツ氏の記事では公式スペックさえいまだに言及されていない。  さらに不自然なのは、Surface Duoのリーク情報について一番詳しく報じていたWindows Centralの最新記事で「本日(8月12日)よりプリオーダー開始」と書かれているのだが、前述のように購入の参考となる(本稿執筆時点で)情報がどこにも出ておらず、さらにプリオーダー可能なサイトやリセラーの名前が分からない(ブッフホルツ氏の投稿ではリセラー情報へのリンクが張られているが、Surface Duo関連の情報は一切ない)。  Neowinの記事では「AT&T」「Best Buy」「Microsoft Store」の名称が挙がっているものの、これらサイトで「Surface Duo」を検索しても商品一覧には出てこない。 ※編集部注:米国では予約が可能になった。  これは筆者の推測だが、事故で公式情報が先に出てしまったため、メディアの記事や参照先ページの情報との整合性が取れなくなっているのではないかと考える。例えば、The Vergeのトム・ウォーレン氏はSurface Duoの発売日やスペックの発表が近いと判断して予定稿のようなものを用意していたが、思わぬ形で公式情報が出てしまったため、本文そのままにタイトルで「発売日と価格」の2つの情報のみ触れるという形で記事を緊急公開したように見える。これが本稿執筆時点での「Surface Duo」に関する情報の筆者の分析となる。

【関連記事】