Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2画面デバイス「Surface Duo」の米国発売は9月10日で予約スタート、価格は1400ドルから

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia PC USER

 以前に本連載で「リリース時期が前倒しされた『Surface Duo』の登場が迫る」と題して同デバイスの現時点でうわさされる仕様や登場時期について紹介したが、そこでの内容通り、当初今年2020年のホリデーシーズン商戦といわれていた発売時期から前倒しが行われ、米国では9月10日に提供が開始されることがMicrosoftより正式発表されている。 【写真】詳細なスペックも明らかになった

(米国での)発売は9月10日、価格は税抜き1399ドル

 Microsoftの公式情報は、同社Tech Community Blogで8月12日(米国時間)に公開されたフランク・ブッフホルツ(Frank Buchholz)氏の「Surface Duo brings mobile productivity powered by two screens + M365 & Android apps」という投稿の中で確認できる。  それによれば、発表同日の9月10日より米国の出荷が開始され、税抜き1399ドルで提供が行われる。5.6型のデュアルスクリーンを合わせて見開きで8.1型のPixelSense Fusionディスプレイを構成するのが特徴で、その他のスペックについては触れられていない。  なお、今回の発売日と価格情報はどうやら本来出るべき形で出されたわけではなく、何らかの事故でいくつか同時公開されるべき記事群と同じタイミングではなく、同Blogの記事のみが先行公開されてしまったものと筆者は考える。  実際Surface Duoは、この少し前のタイミングでパノス・パネイ氏がティーザー広告を公開していたように、本来の発表タイミングに合わせて少しずつ公式情報を小出しにする仕掛けを用意していたものと考える。  Surface Duoそれ自体は開発者から企業ユーザー、一般ユーザーまで広くアピールされるべき製品だが、今回情報が出ているのはブッフホルツ氏の「Surface IT Pro Blog」のコーナーに投稿された記事のみだ。つまり、本来同時に出るべき情報の一部しか公開されておらず、実際に同Blogのリンクで参考情報として示されているページの中身はほぼ空で何も用意されていない。  本稿が掲載されるタイミングまでに同Blog記事以外の情報がMicrosoftから公開される可能性もあるが、本来想定されていた発表日は現地時間で8月12日の夜、あるいはもう少し後の日付だったのだと予想する。 ※編集部注:時間差でWindows Blogにて、パノス・パネイ氏による発表が行われ、詳細なスペックも公開された。

【関連記事】