Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【J1展望】湘南×仙台|新システム4-3-3を導入する仙台を、進化した湘南スタイルで迎え撃つ!

配信

SOCCER DIGEST Web

湘南――新たに取り組む“遅攻”の仕上がりは?

J1リーグ2節 湘南ベルマーレ - ベガルタ仙台 7月4日(土)/19:00/Shonan BMWスタジアム平塚 【PHOTO】サッカー史に残る無観客試合!選手、スタッフ、関係者のコロナ対策は? 湘南ベルマーレ 今季成績(1節終了時):13位 勝点0 0勝0分1敗 2得点・3失点  4か月余りの中断期間を経て、J1もまもなく再開を迎えようとしている。 「選手たちは非常にいい顔をして、締まった感じでトレーニングできている」   再開を目前に控え、浮嶋監督はチームの様子をそう口にした。    コロナ禍により公式戦が中断して以降、活動自粛期間を経て、チームは5月の終わりにトレーニングを再開した。徹底した感染予防対策のもと、6月からは全体練習へ移行し、トレーニングマッチも週末ごとに行なってきた。ただ、シーズンオフとは異なる異例のブランクは勝手が違ったようだ。 「心と頭の戻りがいちばん難しかった」指揮官が振り返る。「サッカー選手はボール、味方、相手、スペースを見ながらプレーしなければいけない。試合の体力は一定期間トレーニングすれば戻ると思いますが、ゲームの感覚は正直、オフ明けより時間がかかったかなと思います」  それでも彼らは地道にトレーニングを重ね、守備の整理や今季取り組む遅攻など、チームとしてやるべきことを深めてきた。週末ごとに行なった練習試合は非公開のため、詳細は分からない。だが選手から聞かれる言葉には一定の手応えがにじむ。 「始動からやってきたことをおさらいし、細かいところを合わせるようにいま一度整理している。いろんな組み合わせを試しているなかで改めて分かってきた面もあり、収穫は多い」   主将の岡本はそう語り、生え抜きの齊藤も「どのようにプレッシャーをかけてボールを奪いゴールを取るか、突き詰めてやれている」と手応えを口にした。  再開初戦は仙台を迎える。リモートマッチについて、「無観客だからこうしようというのはとくにない」と浮嶋監督はそう断りつつ、大切にすべきを続ける。「距離が離れていてもサポーターの気持ちやアツいものはチームみんな感じてプレーしている。その『気』を試合当日もしっかり受け取って、変わらない我々の戦いに繋げたい。こういう状況のなかでサッカーをやらせてもらっている感謝の気持ちをプレーで表したいと思っています」  5人交代制を含め、今後続くハードな連戦には、誰が出ても変わらぬチーム力と層の充実が欠かせない。その点、負傷離脱していたメンバーも多くが戻り、競争は激しさを増している。全員が戦力の湘南にあって、再開初戦のピッチに誰が立っても不思議はない。 構成●サッカーダイジェスト編集部

【関連記事】