Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「劇場版 ハイスクール・フリート」先行上映イベントに夏川椎菜、Lynn、種崎敦美、久保ユリカが登壇!夏川「晴風の艦長を演じられて本当に幸せなんだと再確認しました」

配信

ザテレビジョン

2020年1月18日(土)より全国公開される「劇場版ハイスクール・フリート」の完成披露上映イベントが都内で行われ、メインキャストの夏川椎菜、Lynn、種崎敦美、久保ユリカが登壇した。 【写真を見る】上映後のトークイベントでは劇場版の見どころから、アフレコ現場のエピソードトークも 同作は、2016年4月にテレビ放送されたオリジナルアニメーション「ハイスクール・フリート」の完全新作劇場版として新たなキャラクターたちを加え、物語もよりスケールアップ。 呉・舞鶴・佐世保を含めた全女子海洋学校の生徒が一堂に会し文化祭と体育祭を行う「競闘遊戯会」が開催され、晴風クラスのメンバーも歓迎祭の準備に追われていた。 さまざまな演し物や競技でにぎわう中、晴風メンバーたちに「ハイフリ」史上最大のピンチが訪れる…というストーリー。 メインキャストがファンから拍手の中、迎えられるとそれぞれ、「ヨーソロー!」と作品にちなんだあいさつでイベントはスタート。同日に神奈川・横須賀でもイベントが行われており、そのイベントと本イベントに両方参加する熱心なファンも見受けられた。 この日は先行上映も行われたということで、映画の内容を振り返えり夏川は自身の演じる岬明乃とLynn演じる宗谷ましろとの関係を「テレビシリーズよりも関係が深まっている。”夫婦”みたいに仲良く、二人三脚での姿が見せられた」とテレビシリーズから関係の変化を語るが、「せっかく仲良くなったのに…」と劇場版では“とあるトラブル“から二人の関係に亀裂が生じることをほのめかした。 知床鈴を演じる久保は「劇場版で新キャラクターが増えたからこそ、一人一人の物語が濃く描かれていた」と劇場版ならではの魅力を明かすと、「でも私は、ほぼほぼ悲鳴みたいな声しかあげてないです(笑)」となげく場面も。 ■ 「晴風の艦長・明乃というキャラクターを演じられて本当に幸せなんだと再確認しました」 さらに、「テレビアニメで起こったピンチよりも一番スケールの大きなピンチ。でも明乃たちが冷静に対応できたのは成長した証拠なんで」とキャラクターたちの成長を夏川はうれしそうに語った。 新キャラクター、新キャストが増えたアフレコ現場では、久保が「人数が多すぎて、酸素が薄かった」とエピソードを披露すると、夏場でのアフレコで「キャストのみんな熱気がすごくて、ブースの外がすずしく感じるくらい」と熱い現場であることがうかがえた。 そして、印象的なシーンやキャラクターについて、Lynnは「本当に『ハイフリ』なのかと思うくらいの、シリアスでまるでスパイ映画みたいなシーンがある」と意外なシーンを挙げると、種崎は「晴風メンバーの一言、一言が胸に刺さって涙が出てくるようなシーンもたくさんあった」と感動したせりふを挙げた。 また、声優ユニット・TrySailとして主題歌「Free Turn」を歌う夏川は「物語が盛り上がるすごくいいところで曲が掛かる。歌詞も劇場版に合わせた曲なので、映画を観たあとに聞くと違った感じの曲になる」と主題歌についても言及した。 最後に夏川が「この『ハイフリ』という作品で、晴風の艦長・明乃というキャラクターを演じられて本当に幸せなんだと再確認しました。ぜひ劇場とまたお会いしましょう」とあいさつしイベントは幕を閉じた。 (ザテレビジョン)

【関連記事】