Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【日本製機械式ムーヴメント搭載で2万円台!?】スペックアップで魅力を増したゾンネ最新作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

 メカニズムを強調した凝った造形が魅力となったゾンネ×ハオリ プロデュースドのダブルネームコレクションから最新モデルが登場。日本製機械式ムーヴメントを搭載した、この最新作の魅力に迫っていきたい。  2012年、ゾンネは大人のトラッドスタイルを提案するジャパンブランド“ハオリ プロデュースド”とタッグを組み、ダブルネームコレクションの展開をスタートさせた。  それから9年目を迎えた2020年。コレクションに共通する特徴である“装飾美と機能美の融合”と、“リーズナブルな価格設定”はそのままに、信頼性の高い日本製機械式ムーヴメントを搭載した新作が登場したのである。

 そのひとつ“N027 メカニカルダイバー”は、コレクションで初となる200m防水仕様の本格スポーツウオッチだ。  逆回転防止ベゼルを備えたスポーティなダイバーズスタイルでありながら、文字盤からムーヴメントをチラ見せしたセミスケルトン仕様。そしてさらにローマンインデックスやブレゲ風針といったクラシカルな文字盤のコンビネーションが非常に新鮮で目を引く。

 また風防には耐久性を高めるために厚みを与えたミネラルガラスを採用しているのだが、この質感やぷっくりとしたフォルムがアンティーク時計を思わせる雰囲気を漂わせており、これもなかなかいい。  ベルト素材にはナイロンの7倍もの強度をもつインビスタ社製のコーデュラを使用。スポーティなダイバーズスタイルに、いっそうタフな印象を与えている。  価格は2万円(税別)。日本製の機械式ムーヴメントを搭載しているというだけでも魅力的な価格設定だが、凝った造形や優れた機能性まで備えていることを考えると、N027 メカニカルダイバーのコストパフォーマンスはかなり高いと言えるのではなかろうか。

バリエーションにも注目

 このN027 メカニカルダイバーでは、カラーバリエーションとしてほかに2種がラインナップしている。  ひとつは公式EC限定として展開されるブラウンカラーのRef.N027SS-BR、そしてもうひとつがグリーンカラーのRef.N027SS-GRだ。いずれもブルーカラーモデル同様、価格は2万円(税別)となる。  ファッショナブルなカラーリングとなったこのバリエーションにも注目したい。 【問い合わせ先】ウエニ貿易 TEL:03-5815-3277 https://sonne-watch.jp

堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修(編集部)

【関連記事】