Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が新たな会期を発表。東京会場では10月18日まで開催

配信

美術手帖

 東京の国立西洋美術館と大阪の国立国際美術館 で今年の開催を予定されており、新型コロナウイルス感染症の拡散防止のために開幕延期になった「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が、新たな会期を発表した。  東京会場の会期は3月3日~6月14日から開幕日未定~10月18日に、大阪会場の会期は7月7日~10月18日から11月3日~2021年1月31日に変更。東京国立博物館や東京都現代美術館などの国立博物館・都立美術館は、 6月1日、2日から再開する予定となっているが、国立西洋美術館の再開日は、いまのところ未定だ(6月4日追記:東京展開幕は6月18日)。  国立西洋美術館は再開に伴い、来場者とスタッフの安全を確保するため、日時指定制度を含む新たな入場方法を導入予定。その詳細は後日、展覧会公式サイトなどで発表されるという。  なお本展は、ロンドン・ナショナル・ギャラリーが初めてイギリス国外で開催する所蔵作品展。イタリアのルネサンス絵画やオランダ絵画、イギリス肖像画、スペイン絵画など、約61点の作品が公開される予定だ。

【関連記事】