Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「二度と戻らない!」オーストリア帝国の威信をかけた北極探検の意外な結末と、劇的な帰路

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ) 中欧の大国として、ハプスブルク家の下で栄華を極めたオーストリア。名君とたたえられた皇帝フランツ・ヨーゼフの時代には、世界中に探検隊が派遣され、各地の地理や自然の研究が国力増強の礎となりました。その中でも、苛酷な旅路がドラマチックな結末を辿り、数々の英雄を生み出した北極探検隊は、後世に語り継がれています。

北極探検隊の結成

人類が北極点に到達したのは20世紀初頭のことですが、19世紀には既に、最北点到達記録のためだけではなく、航路開拓、科学研究や地図作成などの実用的な目的もあり、世界各国で北極探検隊が結成され、調査が進められていました。 ハプスブルク家のもと栄華を誇っていたオーストリア・ハンガリー帝国も、この北極圏探査競争に加わります。ハンス・ヴィルチェック男爵の資金により建造された、北極探査船「テゲトフ提督号」は、24人の乗組員と8頭の犬ぞり犬を乗せ、1872年6月13日に未知なる探検の旅に出航します。

探検隊のリーダーは、船長のカール・ヴァイプレヒトと探検隊長のユリウス・ペイエール。ヴァイプレヒトは軍人で地球物理学者、ペイエールは北極やアルプスの研究者で地図製作者で軍人で画家という多才な人物。この才能の豊かさが、探検隊の大きな強みとなります。乗組員は、当時のオーストリア・ハンガリー帝国の規模を象徴するように、現在のクロアチア、イタリア、ハンガリー、チェコ、オーストリアの出身者が含まれていました。

流氷に閉ざされた探査船

しかし、北極探査の旅は難航します。「テゲトフ提督号」は最初の冬に氷の塊に捕まり、流氷と共になすすべもなく、北へと流されていきます。身動きが取れない逆境の中でも、探検隊は船を基地として、精力的に探査や研究調査、地図作成を行い、翌年夏には、島や諸島を次々と発見していきます。その中でも最も有名なのが、皇帝の名を取って付けられた「フランツ・ヨーゼフ・ランド」です。現在はロシア領ですが、ロシア語読みで命名当時の名が使われています。また、最初に発見した島には、スポンサーのヴィルチェック男爵の名がつけられました。

【関連記事】