Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校生の「文化祭革命」 コロナ禍でも開催を諦めず、IT駆使しオンライン化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校生新聞オンライン

今年は新型コロナウイルスの影響により部活動の大会や学校行事の中止が相次いだ。筑波大学附属高校(東京)は、全国の高校に先駆けて文化祭のオンライン化を決定し、10月17・18日の開催に向けて準備を進めている。従来の文化祭の形態を大きく変える、同校生徒たちにオンラインに希望を見出した経緯を聞いた。(中田宗孝、写真・画像は学校提供) 【動画】筑波大学附属高校のオンライン文化祭の内容がわかるプロモーションビデオ

ZoomやYouTubeを活用

筑波大学附属高校の「桐陰祭Online」(10月17・18日開催、常設展示は同文化祭公式サイトにて10月10日から31日まで公開中)は、校内で行っていた文化祭をネット上へと移した、同校にとって初の試みとなるオンライン文化祭だ。

文化祭当日、生徒たちは各自のスマホやPCから「桐陰祭Online公式サイト」にアクセス。プラットフォームの役割を担う同サイトで文化祭のプログラムを確認し、クラスや部活団体による催しが行われる外部サイトへと訪れる仕組みだ。

文化祭のイベント会場として「YouTube」や、テレビ会議システム「Zoom」などを活用。YouTubeで演劇が披露されたり、Zoomでクイズ大会を行ったりと、さまざまなオンライン企画を実施する。

委員長「どうにか開催してやろうと」

「桐陰祭」実行委員長に就任した岩田楽君(3年)は、委員会メンバーと昨年10月頃から来秋の文化祭に向けた準備を着々と進めていた。

しかし、新型コロナウイルスにより3月初旬から学校が休校となり、委員会の活動はストップ。岩田君は「4月に入って休校の延長が決まった時点で、例年どおりの文化祭はできないだろうと感じました」と振り返る。

休校を受けて部活動も休部。端艇部(ボート部)の主将も務める岩田君は、4月に行う予定だった自らの引退試合が中止となった。「すごく熱を入れて部活に打ち込んでいたので悔しい……。だからこそ、文化祭はどうにか開催してやろうという気持ちになりました。開催形態を模索する中でオンラインのアイデアが浮かんだんです」

バーチャルイベントサービスでビジョン開ける

だがオンライン文化祭の案は、当初、委員会の他のメンバーから好感触を得られなかった。副委員長の後藤光正君(3年)は、「これまで通りの文化祭への未練もあって、岩田君の提案に前向きではなかったんです」と話す。

【関連記事】