Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

杉野遥亮が語る、役者の仕事の今と未来。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

【杉野遥亮の履歴書】

モデルとしても活躍する良スタイルと美ビジュアル。全国の女子のハートをガッツリつかみながら話題作に次々と出演。作品を重ねるたびにその実力と注目度が急上昇していく俳優・杉野遥亮の魅力を改めて深掘り! 杉野遥亮の美ビジュアルをもっと見る

役者歴は今年で5年目。未来はまだまだ予測不可能

俳優デビュー後、作品を積み重ねながら実力を蓄えてきた杉野遥亮さん。この春、彼が挑むのがドラマ『ハケンの品格』だ。「今作は13年前にヒットしたドラマの続編。働く人たちに勇気や希望を届け、今も大勢の記憶に残っている作品への参加が決まった時は驚きと喜びを感じました」 杉野さんが演じるのは新入社員の井手裕太郎。元美大生でコネ入社。やる気も目標もなくボンヤリとした毎日を送っている青年。そんな彼を演じながら「僕自身、この世界に入る前は目標を見出せずにもんもんとしていた時期も。彼の気持ちはすごくよく分かります」と言葉を続ける。「そんな自分を振り返りながら、改めてこの仕事に出会えてよかったなと。この世界に飛び込んでからガムシャラに突き進んできたけれど、気づけば役者も今年で5年目。節目といわれる年だけに“今“や“未来“について質問をされることも多いんですけど。僕の中には節目というものが存在せず、ずっと目の前の仕事を積み重ねているような感覚なんです。

未来は積み重ねた先に現れるもの、今の自分は時間がたち振り返った時に分かるもの。道は過去から未来へと続いているし、それを区切るのは難しい。特に僕の場合、よくも悪くも素直で柔軟というか、周りからの影響を受けやすいので。1か月後の自分がどうなっているのかすら想像がつかない。聞かれても分からないんです(笑)!」 経験や周りからの助言をスポンジのように吸収しながら柔軟に変化していく日々。そのなかでも大事にしているのが「足を止めないこと、考えるのをやめないこと、今の自分が出せる全力を作品に注ぐこと」だと杉野さんは語る。「未来は予測不可能だけど。5年後、何個か“山”は登っていたい。今より少しは成長していることを願います!」

【関連記事】