Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クルーン、郭源治、宣銅烈…抑えで活躍した外国人に中日・マルティネスは並ぶか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 今季、中日の抑えを任されているのがライデル・マルティネスだ。2017年に育成で加入したマルティネスは、翌2018年に支配下登録され、2019年には中継ぎで活躍した。今シーズンは抑えを中心に起用され、9月3日現在、リーグ2位の9セーブを記録。防御率0.82と驚異的な数字を残している。今回は、こうした「抑えで活躍した先輩外国人投手」をピックアップしてみた。

数々の大打者と名勝負を繰り広げた外国人クローザー

●当時のNPB最速記録を次々に更新  マーク・クルーン(巨人ほか)  助っ人クローザーといえば、マーク・クルーンを覚えている人が多いだろう。2005年に横浜に加入したクルーンは、シーズン途中から佐々木和主浩に代わって抑えに起用され、いきなり26セーブと活躍し、当時NPB最速の159キロを記録したことでも注目された。この活躍で抑えに定着したクルーンは、翌2006年は27セーブ、2007年は31セーブと好投。同年オフに移籍した巨人では、1年目の2008年に最多セーブのタイトルを獲得している。NPB通算177セーブは歴代9位で、外国人選手ではデニス・サファテに次ぐ数字となっている。

●星野仙一を初のリーグ優勝に導く 郭源治(中日)  マルティネスと同じ中日で活躍した外国人抑え投手では、郭源治も忘れてはならない存在だ。1981年に入団した郭源治は、1983年から1986年まで4年連続2ケタ勝利を記録するなど先発で活躍。しかし、1987年に当時の星野仙一監督から抑えに指名されると、その年は26セーブ、翌1988年は37セーブを挙げ、2年連続で「最優秀救援投手」のタイトルに輝いた。1989年も抑えとして25セーブを記録。その後は先発、中継ぎ、抑えと複数のポジションで起用され、好投を見せた。 ※郭源治は1989年に日本に帰化

●強烈なスライダーで打者を翻弄 宣銅烈(中日)  中日の外国人抑えでは、1996年に加入した宣銅烈もインパクトのある投球を見せた。当時、韓国球界最高の投手と称されていた宣銅烈だったが、日本での1年目は38試合に登板して5勝1敗3セーブと厳しい結果に終わる。しかし、翌1997年になると持ち前のダイナミックな投球がよみがえり、強烈な変化を見せるスライダーを武器に38セーブを記録。最多セーブのタイトルを受賞した。以降は不動の抑えに定着し、1999年にはリーグ優勝にも貢献。わずか4年の在籍だったが、鮮烈な印象を残した選手だった。

【関連記事】