Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SUPER GT有観客試合のキャパ緩和へ 第5戦富士で追加チケット発売決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 富士スピードウェイは10月3日~4日に開催する「2020 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJIGT300km RACE」(以下、第5戦富士)の前売一般観戦チケットを先着販売・数量限定で9月17日10時に発売した。SUPER GTの観戦チケットが一般向けに発売されるのは今シーズン初のこととなる。 【この記事に関する別の画像を見る】  当初、チケット発売発表の際に、状況を見て券種を拡大とアナウンスされていたが、富士スピードウェイは券種拡大を決定。「観戦券スタンド1階指定席/1~4人掛け」「観戦券スタンド2階指定席/1~3人掛け」で枚数追加を行ない、「自由観戦エリア券/大人・小人」「第13コーナーテントエリア」の券種が追加された。  発売は9月19日10時から。従来同様、全国のローソン、ミニストップの店頭端末および、ローチケで販売する。  第5戦富士の開催にあたっては、政府のイベント観客入場制限の遵守および、新型コロナウイルス感染拡大防止策をしっかりと準備、実施するとしており、パドックエリアは一般客の入場を規制し、グリッドウォーク、ピットウォーク、サーキットサファリなどのイベントは実施しない。  なお、富士スピードウェイでは同サーキットのTwitterでチケットの各種疑問に応えている。チケットの変更情報についてもアナウンスされているので、確認していただきたい。  なお、収容人数に関しては内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より「9月19日以降における催物の開催制限等について」と題したガイドラインが9月11日出ている。このガイドラインによると、屋外のスポーツイベントの場合、収容人数1万人以上の場合は50%までとなっており、今回のチケット枚数追加および券種追加は、このガイドラインに沿った対応だと思われる。

Car Watch,編集部:谷川 潔

【関連記事】