Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

社長の出身大学、「日大」がトップ 上場企業では国立出身が目立つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
帝国データバンク

 少子化が進み小・中学校の在学者数が過去最少を記録する一方で、大学の在学者数は年々増加傾向で推移している。文部科学省によると、2019年度の大学(学部)進学率は前年度を0.4ポイント上回り、53.7%と過去最高を記録。大学学生数も291万8668人となり、前年度と比べ約1万人の増加となった。また、学生全体に占める女性の割合は45.4%と過去最高を記録しており、10年前、20年前と比べて、男女ともに大学への進学が一般的になりつつある。  こうしたなか帝国データバンクは、2020年6月時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(約147万社収録)から企業(個人、非営利、公益法人等除く)の社長出身大学データを抽出。約27万3000人の出身大学をランキング形式で集計した。

社長の出身大学トップは「日本大学」

 社長の出身大学上位30校を見ると、「日本大学」が2万231人で最も多く、「慶應義塾大学」(1万420人)、「早稲田大学」(9865人)、「明治大学」(8460人)と続いた。2000年時点と比較すると、多くの大学は社長数が減少しているが、「近畿大学」や「東海大学」などは大きく増加したほか、「京都産業大学」や「愛知学院大学」など新たにランキングに入った大学もあった。

上場企業では「慶應義塾大学」がトップ

 上場企業社長の出身大学では、「慶應義塾大学」が272人で最も多く、前年から8人増となった。次いで「早稲田大学」(182人)、「東京大学」(169人)、「京都大学」(86人)、「日本大学」(77人)が上位にランクイン。  また上位30校のうち、「東京大学」と「京都大学」のほか、「一橋大学」(51人)や「大阪大学」(45人)、「神戸大学」(35人)、「横浜国立大学」・「九州大学」(26人)、「東北大学」(25人)、「名古屋大学」(22人)、「北海道大学」(17人)、「東京工業大学」(16人)といった国立大学(計11校)のランクインが目立つ。

年商規模が上がるにつれ国立上位校がランクイン

 年商規模別に見ると、「10億円未満」と「10億~50億円未満」では「日本大学」が最多となった一方、年商50億円以上では「慶應義塾大学」がトップとなった。また、「100億~500億円未満」では「東京大学」、「500億円以上」では「京都大学」がランクインし、年商規模が上がるにつれ国立上位校がランクインする傾向が見られた。

【関連記事】