Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「エール」裕一&音“夫婦の絆”に視聴者涙…!朝ドラにおける“夫の役割”を考える

配信

ザテレビジョン

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。6月1日~放送の第10週「響きあう夢」の第50回では、音(おと/二階堂ふみ)と裕一(窪田正孝)の夫婦の絆が描かれSNSでは「感動した…泣」「じーんときた涙」と話題になった。朝ドラで重要なポイントとなる“夫婦の関係”について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます) 【写真を見る】大きなお腹を抱えながら、幸せな表情の二階堂ふみ“音”(ほか裕一&音のラブラブ写真) ■ 「夢も子供も夫婦ふたりで育てていきます」 朝ドラ「エール」第10週は、オペラ「椿姫」の稽古に励む音(二階堂)に妊娠がわかり、母になる夢も、歌手になる夢も両方叶えると意気込んだ。しかし、妊娠による体調の変化などで練習が思うように進まず…。 最終的には、裕一(窪田)に「そんな歌しか歌えないんじゃお客さんに失礼だ」と諭され舞台を降板、無事、女の子を産むという展開。朝ドラあるあるのひとつ、仕事か家庭か、女性の生き方問題が描かれた。 声楽家の大先輩・双浦環(たまき/柴咲コウ)は「ほとんどの人がいばらの道でなく平穏な道を選ぶ」もので、音もそのひとりだったと思ったようだが、音はそういうつもりはさらさらなかった。 なぜなら、裕一に「音は何ひとつ、なにひとつ 諦める必要はないんだから そのために僕はいるんだから」と勇気づけられたから。 今回、オペラの舞台デビューを見送っても、いつか自分の曲で音に大きな舞台で歌ってもらうことが僕の夢だと、音に言う裕一。でもそれも、音の夢が叶うように今後協力していくから、代わりに僕の夢も叶えてほしいという、音の自尊心を損ねない気遣いぶり。これはもう女性視聴者にはたまらない場面であった。 それまでどこか頼りなげだった裕一ががぜん、“理想の夫”ランキング、急上昇である。 「夢も子供も夫婦ふたりで育てていきます。彼がいてくれたから選べた道です」と環に晴れ晴れという音。仕事も家庭も諦めない生き方の模索が描かれている「エール」。それには、男性が女性を理解し寄り添うことが必要なのである。 ■ 朝ドラのヒットには夫役の魅力が不可欠 朝ドラヒットの条件のひとつは夫役に魅力があること。もちろん、見目麗しいことも重要で、しゅっとした俳優を夫役としてキャスティングすることは必須であろう。が、見た目だけでない。内面が重要で、仕事ができて、性格が良いのみならず、パートナーの人生を豊かに彩ることのできる夫でなければならない。 例えば、前作「スカーレット」(2019年度後期)では、ヒロイン喜美子(戸田恵梨香)の夫・八郎(松下洸平)は、熱愛のすえ結ばれながら、やがて離婚する。 だがその理由には、同業者としての嫉妬もありつつも、喜美子が陶芸の道を邁進できるように解放してあげたという側面もあった。 しかも結局、離婚後も時々一緒過ごすようになって、仕事に没頭したいときはひとり、時間ができたときはふたり、と喜美子にとって最高のパートナーになったのである。 これを男性視点で考えるとどうかわからないが、働く女性にとって八郎は大変ありがたい存在であった。 「なつぞら」(2019年度前期)では、ヒロインなつ(広瀬すず)が結婚後、アニメーターの仕事を続けることになったとき、夫・一久(中川大志)は代わりに家の仕事をする。そして、なつのアニメーターとしての仕事を生かせるようなアニメの企画も立てるのである。 「エール」「スカーレット」「なつぞら」と、さながら、今、女性を生き生き輝かせるキャンペーン実施中という感じであるが、それ以前の「まんぷく」(2018年後期)は、福子(安藤サクラ)が夫・萬平(長谷川博己)にひたすら尽くす役割だった。 とはいえ、これも、何かと福子の機転が萬平の発明に役立つ展開で、女性の気持ちを満足させるものであった。 朝ドラで人気の高い「ゲゲゲの女房」(2010年度前期)もヒロイン布美枝(松下奈緒)は専業主婦として漫画家の夫・茂(向井理)に尽くすが、尽くせば尽くすだけ夫がどんどん成功していく、実話を元にしたサクセスストーリーは多くの人に喜びをもたらした。 ■ 女性が“やりたいことを諦めない”人生を送るために 女性が尽くすパターンとしては、「エール」と同じ男性主人公の「マッサン」(2014年度後期)。最初は夢ばかり追っていささか危うい夫・マッサン(玉山鉄二)を妻エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が内助の功を発揮して支え続け、事業は拡大していく。 朝ドラではヒロインの父はたいてい甲斐性なしとして描かれるが、その分、夫はいい人だったり尽くし甲斐があったり(成果の出る)する人物なのである。 近年、稀なるダメ夫は、「半分、青い。」(2018年度前期)の涼次(間宮祥太朗)。映画の仕事をしたいから別れてほしいと、子供まで成したにもかかわらず言い出すというダメっぷりで、ヒロイン鈴愛(永野芽郁)の「死んでくれ!」と言う台詞は大反響だった。 一見ダメ夫に見えるが、人気がものすごく高かったのは、「あさが来た」(2015年度後期)。ヒロインあさ(波留)が女実業家として活躍する一方で、夫・新次郎(玉木宏)はふらふらと遊んでばかり。 だがしかし、新次郎はあさの仕事に余計な口をはさまず、精神的にあさを盛り立てていく。近年の朝ドラでは、男が働き、女が家事をすることが絶対ではないことを明確に書いた快作であった。 「スカーレット」の八郎も、「なつぞら」の一久も、「エール」の裕一も、新次郎の作り上げたひとつの理想の夫道の後ろを歩いているといえるだろう。それは、女性がやりたいことを諦めない人生を送るための手助けをすること。新次郎、偉大なり。 はたして、「エール」の裕一は、ほんとうに音を大きな舞台に立たせてくれるだろうか。(ザテレビジョン)

【関連記事】