Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“土砂かき”だけが支援ですか?熊本豪雨被害の旅館に集まった「各界のプロ」 車提供・法律…個人の力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

7月の豪雨で被害のあった木造三階建ての老舗旅館のために行われた、電気自動車による「給電支援」。その後、電気自動車を活用し「エネルギー独立化」をおこなう新しい旅館に生まれ変わろうとしている。そこには、自動車メーカーや広告会社、クラウドファンディングなどの企業の有志や、大学や高専の教授や生徒など様々なメンバーが関わっている。それぞれの力を生かした新しい支援を考える。(FUKKODESIGN木村充慶) 【画像】ボンネットからスマホを充電「フルの状態なら一般家庭の4日分」電気自動車の威力

電気自動車による「給電支援」

7月の豪雨は全国各地で甚大な被害を及ぼした。一般社団法人「FUKKODESIGN」で、被災地支援に取り組んでいる私は熊本県中部の八代市坂本町にある「鶴之湯旅館」の支援を行っている。 木造三階建ての風情がある建物だった「鶴之湯旅館」だが、氾濫(はんらん)した球磨川の目の前にあったため水が押し寄せ、1階のほとんどすべてのものが流されてしまった。しかも、地域のインフラは遮断され、電気水道ガス全てが使えない状態になった。 コロナ禍で現地に行きづらい中で、なんとか支援ができないかと考え、私は日産自動車の日本EV事業部の部長である小川隼平さんに相談。日産自動車の地域営業部隊と販売会社の支援として、旅館に旅館電気自動車を貸与することができた。 電気自動車はためた電気を取り出すことができ、携帯電話を充電したり、夜間作業の際に照明に利用したり、様々なシチュエーションで使われた。

給電支援の次は、エネルギーの独立化

電気はその後10日ほど止まっていたため、その間ずっと電気自動車は使われたという。 鶴之湯旅館の土山さんは「ガスや水道が止まっている中で、電気は心の支えとなった」と振り返る。 当初は、泥のかき出しや倒壊した家屋の対応に追われる被災地の人にとって電気自動車が助けになるのか正直わからない部分もあったが、改めて給電支援の意味を感じた。同時に、ここで終わるのではなく、何か継続できることがないかと小川さんと考えた。 災害直後の給電という役割は終えたが、電気の必要性を感じたからこそ、また起こるかもしれない災害の備えとして良い形で活用できないか。そうして生まれたアイデアが、災害が起きて電気が遮断されたとしても、自前の電気を使えるよう、ソーラーパネルを設置し、そこで作った電気を電気自動車にためる、というもの。電気自動車を活用した「エネルギー独立化」の構想を、土山さんとも相談しながらまとめた。

【関連記事】