Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キスマイ、夏感あふれる新CMが完成!「メンバーに出会った瞬間からずっと最高」と本音も

配信

ザテレビジョン

「ウナコーワエース」新CMが5月1日(金)より全国で放送開始される。Kis-My-Ft2のメンバーが、真夏のキャンプ場でヒーロー「ウナコーワエース」に助けを求めるというコミカルな演出にチャレンジ。メンバーの撮影レポート&コメントが届いた。 【写真を見る】「VOCE」6月号に登場、二階堂高嗣“お出かけデート”SHOT ■ 新CM『真夏のヒーロー』篇ストーリー 真夏のキャンプ場。アウトドアを楽しんでいるKis-My-Ft2のメンバーが、次々と虫にさされて大ピンチ。あまりのかゆさに、「メチャかゆーい!」と叫ぶ藤ヶ谷太輔、「ムチャハレたー!」と叫ぶ玉森裕太の言葉も、巨大な立体文字となって空へ飛び出してしまうほど。がまんできないそのかゆさに、北山宏光が思わず「助けてウナエース!」と発した言葉は、なんと宮田俊哉を直撃してしまう。 一方、宮田を挟んで反対側にいた千賀健永、横尾渉、二階堂高嗣の3人は、さっそく患部に「ウナコーワエース」を塗って効き目を実感。「効くぅ!!」と声を揃えたその言葉は、特大の立体文字となって飛び出し、またもや宮田を直撃…。かゆみ・はれから救ってくれた「ウナコーワエース」が、Kis-My-Ft2にとっての「真夏のヒーロー」となった。 ■ 撮影レポ「あばら2本くらいなら大丈夫です!」(宮田) 今回の新CM「真夏のヒーロー」篇では、メンバーの発する言葉が、巨大な立体文字となって、宮田を直撃するシーンが印象的。最終的にはCGで合成されるこのシーンも、撮影現場では、発泡スチロールで作られた巨大なモックアップ(実物大の模型)を、実際に宮田の体に当ててリアルな表情や体の動きを撮影していく。 「どのくらいのパワーでいきましょうか?」とスタッフに問われた宮田は、「あばら2本くらいなら大丈夫です!」と笑顔の中にも気合十分。実際には安全最優先で撮影は行われるのだが、当たる時にはドスン!と音が響き渡るなかなかの大迫力。モニターで自分の演技をチェックした宮田も、「助けてほしそうな顔になっていますね!」とその出来栄えに満足そう。 ■ “Kis-My-Ft2史上最高”の出来事といえば? 撮影終了後、“ウナ史上最高”処方(※ウナコーワシリーズ内において、炎症やはれにすぐれた効果を示す抗炎症成分PVAを配合した処方)の「ウナコーワエース」に関連して、Kis-My-Ft2のメンバーそれぞれが心に思い描く「“Kis-My-Ft2史上最高”の出来事」を質問されると、 「興和(株式会社)さんが、僕たちKis-My-Ft2を長年起用してくれていること!今後もよろしくお願いします!」と7年続くCMキャラクター起用に感謝する横尾。「国民的番組、紅白(歌合戦)に出演させていただいたこと!」と二階堂。「2005年、ライブのMC中に、茶封筒(に入った書面)でデビュー決定が知らされた瞬間。あの時の喜びとか、感動とか、ファンの皆様の涙とか、昨日のことのように鮮明に覚えています」と藤ヶ谷。 続いて、玉森は「去年、海外でパフォーマンスをやらせてもらったのが印象深かったです」。北山は「楽屋でジャニーさんが、“Youたち今日からKis-My-Ft2だよ”と言ったあの瞬間!(CDデビュー)10周年にかかっているKis-My-Ft2の今につながっているその瞬間が史上最高だったかなと思います」と答える。 レコーディング期間中で、声が出にくいという千賀が「初めての東京ドームのライブ!あの景色は忘れられない。メンバーの顔を見たときの笑顔が、史上最高の笑顔でした」と小声で答えると、藤ヶ谷が「“史上最小”のボリュームだね」と声をかけて笑いを誘っていた。 最後に「このメンバーに出会った瞬間から今日までずっと最高です。きっとこれから先もずっと最高なのかなと思っています!」と宮田。メンバーから「いいねー!」と共感の声があがると、「今日より明日が最高!明日より明後日が最高!ずっと最高!」と、とても嬉しそうに締めくくってくれた。(ザテレビジョン)

【関連記事】