Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「『緑』を維持し…社会経済活動を徐々に」大阪府の吉村知事が選んだのは「ウイルスとの共存の道」

配信

中日スポーツ

 経済活動も緑信号へ―。大阪府の吉村知事(44)が19日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大による休業要請解除の独自基準「大阪モデル」の達成によって、大阪市中心部が「緩和」を示す緑色にライトアップされた写真を引用し、消費の活発化に思いを寄せた。  「南海なんば駅、高島屋も『緑』のライトアップ。営業も再開しています。『緑』を維持し、ウイルスに気をつけながら、社会経済活動を徐々に復活させましょう」。吉村知事はこの日、別のツイートでも「休業要請を段階的に解除しながら、外出しないで下さいは矛盾。これからは『ウイルスとの共存の道』を目指すべき。外出自粛ではなく、マスク、人との距離、接触等、外出の仕方を気をつけて活動を」と呼び掛けていた。  大阪府については14日に政府の緊急事態宣言解除は見送られたものの、大阪モデル達成を受けて16日午前0時で商業施設などの休業要請を段階的に解除した。

【関連記事】