Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

RED WINGレッド・ウィングの新定番、チャッカ・ロメオ・オックスフォードでドレスにキメろ。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

レッド・ウィングと言えば、アメカジ好きならお馴染みのワークブーツのブランド。“キング・オブ~”なる呼称で叫ばれることも多々あるわけだから、今も昔も男のためのワークブーツの象徴として君臨し続けているはずだ。 そんなレッド・ウィングのなかでも、近年ドレス顔したブーツや、オックスフォードタイプのシューズが徐々に人気を高めているのをご存じだろうか。今回は、そんなレッド・ウィングの新たな“顔”を覗いてみる。

土臭さを残しつつフォーマルにも履けるRED WINGが掲げる新しい顔。

創業110余年を超えるアメリカンワークブーツの名門、レッド・ウィング。日本ではハンティングブーツやロガーといった過酷な条件下で活用するシューズブランドのイメージが強いが、実は最近、「クラシックドレス」ラインなる新シリーズが好調だ。 その中身は、ブランド創業時の20世紀初頭まで遡る。当時はまだワークやスポーツ用のブーツといっても、まだまだフォーマルなデザインが多く、つま先も先芯を持たないものが多かった。レッド・ウィングでは、そんなブランドのルーツともいえる靴の在り方を、今日使える素材やラスト(木型)、パーツを使い、創業時から続く靴作りを具現化するシリーズをリリースしている。

1.Caverly Chukka(キャバリーチャッカ)#9096|ワークブーツブランドを代表するドレス顔の一足。

まず最初に取り上げる「キャバリーチャッカ」もそんなルーツモデルの一端だ。

1900年代初めに実際にあった6インチ丈のブーツに着想を得て、ポストマンシューズに使われる210番ラストを使い、独特の光沢をもつエスカイヤレザーをまとって2015年に発売された。

こちらは2015 年に発売されたエスカイヤレザーを使用したモデル。ヘファーハイド(若い未経産の牝牛の革)の銀面(革の表面)をレジンで固めたことで豊かな光沢と深みのある色合いが特徴。1920年代にレッド・ウィングのために開発したラバーソール、グロコードソールを底面に採用している。

・LEATHER_Black“ Esquire” ・SOLE_Gro Cord on Medallion ・SIZE_D6.5 ~ 11 ・PRICE_ ¥54,890 キャバリーチャッカはエスカイヤレザーに加えて、ベックマンブーツに使われているフェザーストーンを採用したモデルもつくられた(生産終了)。いずれも、履くごとに味わい深いシワや革の変化を楽しめる育て甲斐のあるモデルとして人気を集めている。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ