Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女優・吉本実憂がフランス・ニース国際映画祭の最優秀外国映画主演女優賞を受賞

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

6月26日にフランスのニース国際映画祭の授賞式が行われ、映画『透子のセカイ』(洋題:Mystic ShrineMaiden)で主演を務めた吉本実憂が、最優秀外国映画主演女優賞を受賞した。 【写真】吉本実憂主演、映画『透子のセカイ』場面カット 受賞を受けて、吉本は「この度、ニース国際映画祭にて最優秀主演女優賞を頂きまして、言葉は違っても透子の想いは届いたのだと大変光栄な気持ちでいっぱいです。このような素晴らしい賞を頂けたのも一緒に作品を作ったスタッフの皆さん、キャストの皆さんのおかげです。『透子のセカイ』が、透子の真っ直ぐさが、これからも世界に羽ばたいてほしいです。そして、早く日本の皆様にも届けたいです」とコメントしている。 2018年の大ヒット映画『カメラを止めるな!』で撮影監督を務めた曽根剛がメガホンを取った本作は、長野県を舞台に、謎の少女と出会った巫女が急転する事態を乗り越えていく様子を描き、明るく歌い出す音楽シーンも含んだファンタジードラマ。吉本は何があっても前向きに皆の気持ちを明るくする主人公を演じた。共演者には白石優愛、原西孝幸(FUJIWARA)、勇翔(BOYSAND MEN)、濱津隆之らの名前が並ぶ。 映画『透子のセカイ』は2019年の上海国際映画祭をはじめ、世界各地の映画祭で上映、受賞が続いている。国内では長野県で先行公開され、今後全国公開を予定している。

ENTAME next編集部

【関連記事】