Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山中慎介に「申し訳ないことをした」 ネリが今さら猛省「教訓を得た。改善すべき」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

過去に2度戦った山中戦を回想「反省しなければいけなかった」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリは、26日(日本時間27日)のWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦(米コネチカット州)で同級6位アーロン・アラメダ(ともにメキシコ)と対戦する。かつて山中慎介とのタイトルマッチでドーピング違反と体重超過を犯していたメキシカンは「ヤマナカ戦で起きたことに反省せざるを得なかった。教訓を得た」と振り返っている。米専門誌「ザ・リング」が報じている。 【画像】井上尚弥も怒り露わに、WBC会長も呆然! 当の張本人の表情は…ネリが熱視線を浴びながら体重計に乗った実際のシーン  スーパーバンタム級本格転向初戦でタイトルマッチに挑むことになったネリ。特集では30戦全勝のメキシカンファイターのキャリアについて「25歳のアグレッシブで躍動的なファイターの評判は2017年の夏に深刻な打撃を受けた」と山中戦を振り返っている。  ネリは2017年8月の山中とのタイトルマッチで4回TKO勝ちを収めたが、試合前に行われたドーピング検査で禁止薬物が検出された。故意の摂取を否定していたが、18年3月の再戦では今度は体重超過。試合前に王座を剥奪された経緯があった。  ネリは“神の左”と呼ばれた山中との2試合についてこう振り返ったという。

初対戦から3年、殊勝にコメント「申し訳ない」

「ヤマナカとの試合で起きてしまったことに俺は反省しなければいけなかった。俺は教訓を学んだ。自分のベストをファンに尽くさなければいけないし、正しいやり方で物事を進めないといけない。ファイターとしても、人間としても、もっと改善すべきだったが、起きてしまったことを申し訳ないと思っている」  初戦から3年が経過した今、殊勝なコメントを残している。4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)らを指導する名伯楽エディ・レイソノ氏に師事し、心機一転タイトルを狙うネリについて、リング誌は「ネリは圧倒的な本命としてこのファイトに挑むことになる」と分析している。  昨年11月の元IBF世界バンタム級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との一戦でも、前日計量で体重オーバーし試合が中止となっていた。ネリは過去のミスを糧にして久々の勝利を手にすることができるのか。まず試合前、注目の前日計量は25日(日本時間26日)、ボクシング界屈指の問題児が注目のリングに立てるのだろうか。

THE ANSWER編集部

【関連記事】