Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Wリーグ開幕特集/注目選手】三菱電機コアラーズ・川井麻衣「今シーズンは相手が嫌がるような二刀流を目指します」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケットボールキング

取材・文=田島早苗 写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部  9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。  第14回は三菱電機コアラーズ(昨シーズン・レギュラーシーズン7位)の川井麻衣が登場。今シーズンから副キャプテンに任命され、オンコートだけでなくオフコートでもチームを引っ張ると意気込んでいる。 ――昨シーズンはレギュラーシーズン7位。どのようなシーズンだったのでしょうか。 川井 しっかりと準備をして、シーズンを迎えましたが、序盤から上手くかみ合わず、イメージしたものとは違うスタートとなってしまいました。どうしたら上手くいくのか、何を変えればいいのかなど、色々と考えましたが、みんなの心技体すべてが一つになっていないと良い結果につながらないんだということをとても実感したシーズンでした。  自分自身もこれまでできていたことができない時があり、ちょっとした心の部分でも軸がブレてしまって余裕のない感じになったこともあって。これまでのバスケット人生の中で一番学びの多いシーズンとなりました。 ――それは前々回(2018-19)のシーズンで準優勝したことにより、他チームのマークが厳しかったのか、それとも自分自身の問題ですか? 川井 もちろんマークが厳しくなったことは感じましたし、チームとしても研究されて崩されることが多かったと思います。ただ、それだけではなく、私自身がチームの方針に沿えていたか、チームメートを生かせていたかと聞かれたら、そうではなかったですし、考えれば考えるほど分からなくなってしまって…。まわりを生かそうとすると自分がなくなってアタックできなくなるなど、歯車がかみ合わない感じもありました。 ――そういった意味では今シーズンにかける思いも強いと思います。個人的にはシーズンに向けてどのようなことに取り組みましたか? 川井 今シーズンから副キャプテンになったので、チームを広い目でみることを心掛けています。今までもガードとしてチームメイトに声をかけたり気にかけたりなどはしていましたが、実際に副キャプテンという役割をもらうとまた違うなと感じています。  これまでは先輩方に頼っていたところもあったので、これからは頼られるように、メリハリのある行動、オンオフをつけることを意識しています。今シーズンは、王(新朝喜)さん、池谷(悠希)さんが引退したことで、レブ(渡邉亜弥)さんの負担も大きくなると思うので、『レブさん頼み』にならないように、私がもっと引っ張れるようにしていきたいと思っています。プレーでの課題もたくさんありますが、コート上だけでなく色々なことに気を配れるように頑張りたいです。 ――プレー面で、チームとして個人としてどのようなプレーを見せたいと思っていますか? 川井 今シーズンはチームのプレースタイルが変わります。もっとスピーディーに、もっと激しいディフェンスからの展開が多くなるので、新しいコアラーズのバスケットを見ていただければと思います。  一昨シーズンはやりたいことができて、勢いがあって、みんなが一つになっていたから成果を出しました。しかし、昨シーズンは研究されたこともあり、思うようにできませんでした。その中で葛藤もありながら、逃げずに乗り越えたことはチームが成長したからだと思いますし、その成長を今シーズンお見せしたいと思っています。  個人的にはガードだけでなく、ウイングとしても活躍できるように。今よく言われている“二刀流”を目指したいですね。もちろんメインはガードではありますが、2番、3番ポジションでもプレーできる器用な選手、相手から見たら嫌な選手、どこにいても嫌だと思われる選手になる予定です!

BASKETBALL KING

【関連記事】