Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『会食クラスター』拡大 長野県内の飲食店で新たに5人 計11人に 他の利用者など調査対象者は50人超

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

新型コロナウイルスの感染者が新たに5人確認されました。きのう、長野県がクラスターが発生したと発表した飲食店の利用者や従業員です。 新たに感染が確認されたのは、大町市の男女3人と生坂村の男性、安曇野市の女性の合わせて5人です。5人はきのう県がクラスターが発生したと発表した飲食店と関連があったことから検査を実施し陽性が判明しました。男性2人が店の利用者、女性3人が従業員だということです。 この店はカラオケのある飲食店で、今月3日に大町市の会社員や首都圏から訪れた人などが会食を行い、6人の感染が確認されていました。きょうの5人を含めると感染者は11人にひろがりました。うち利用者が6人、従業員が5人です。 県によりますと、今回判明した従業員は3日以降も勤務していて、調査を行う人は50数人に上っているということです。 このほか、3日には別の飲食店で同じ会社の社員ら8人が会食し、うち5人の感染が判明しました。この会食についても、県はきのうクラスターに該当すると発表しました。なお、2つのクラスターの感染者について、複数が重複しています。 県内での感染者の累計は139人となりました。

【関連記事】