Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

YouTuber・あさぎーにょ主演作が栄冠 『Branded Shorts of the Year 2020』ナショナルカテゴリー選出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 アジア最大級の国際短編映画祭のショートショートフィルムフェスティバル&アジア (SSFF & ASIA)内で、企業や広告会社が制作したブランディングを目的として作られたショートフィルム(ブランデッドムービー)を上映、表彰する部門『BRANDED SHORTS 2020』が開催された。 【写真】ナショナルカテゴリー優秀賞を受賞した『ハロー!ブランニューワールド』  国内外からノミネートのあった400作品以上の中から、YOMIURI BRAND STUDIOチーフプロデューサーの池上吉典氏、昨年日本アカデミー賞受賞『新聞記者』で撮影監督を務めた今村圭佑氏、電通クリエーティブディレクターの高崎卓馬氏、アートディレクター/クリエイティブディレクターの福部明浩氏、PRストラテジストの本田哲也氏、昨年『ホットギミック ガールミーツボーイ』で監督を務めた山戸結希氏が審査。最も優れたブランデッドムービーを『Branded Shorts of the Year』を決定した。  今までにない構成による広告の新しい形を示しているとして、人気YouTuberあさぎー にょ主演、CHOCOLATE Inc.制作の『ハロー!ブランニューワールド』がナショナルカテゴリー優秀賞を受賞した。受賞理由は「映像の形として、メディアに囚われない制作手法で作られた本作品。今までにない構成で完成された作品として、広告として新しい形を示してくれました。20分弱という長さの中で、展開の速さが視聴者を飽きさせず、最後まで鑑賞させる構成も素晴らしく、受賞作品として評価されました」というものだった。  また、イベント内では全国の映画館でシネアド展開するサンライズ社と共に設立した最もシネマチックなブランデッドムービーに贈られる『SUNRISE CineAD Award』にLACOSTEの『Crocodile Inside』が、そして“地域をブランディングする”視点で選ばれた『第9回観光映像大賞 観光庁長官賞』に全国60本の観光プロモーション映像の中から広島県廿日市市の『はつかいち物語 愛の取調べ室』が選出された。

【関連記事】