Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元ラプターズACが昨季のチャンピオンシップについて振り返る「素晴らしい出来事だった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケットボールキング

昨季のラプターズでのシーズンを振り返るハンディ

 昨シーズン、3連覇を目指していたゴールデンステイト・ウォリアーズを打ち破り、悲願の球団初優勝を達成したトロント・ラプターズ。当時はカワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ)をトレードで獲得し、レギュラーシーズンの途中でもトレードで万能型ビックマンであるマルク・ガソルがチームに加入。また長年ラプターズを指揮していたドウェイン・ケイシー前HC(ヘッドコーチ)が退任し、ニック・ナースHCが就任するなど、さまざまな改革があった中で見事チャンピオンシップに輝いたシーズンだった。 レイカーズのアシスタントコーチが語るチームケミストリー…レブロンを中心に悲願の優勝を目指す  ラプターズの球団史において、昨季は歴史に残るシーズンになったことは間違いない。そのシーズンを昨季ラプターズのアシスタントコーチを務めていたフィル・ハンディ(現ロサンゼルス・レイカーズAC)が、『Battle for L.A.Podcast』に出演し、当時の出来事を振り返った。  ラプターズへ行く前は、クリーブランド・キャバリアーズでアシスタントを務めていたハンディ。彼はそこで5年間仕事をして、2016年には優勝を経験しながらも、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)が退団したことで、次のステップへと歩む時が来たと感じたそうだ。「次のことを模索していた時、ニック・ナースがラプターズのヘッドコーチに就任した。私はヨーロッパのイングランドで彼の下でバスケットをプレーし(ナースHCは1998年から2000年までマンチェスター・ジャイアンツでヘッドコーチを務めた)、ともに優勝を成し遂げた。今でもいい関係を構築していて、私がクリーブランドにいた時、ラプターズにいた彼とはお互いにしのぎを削っていたんだ」。  またハンディによれば、チャンピオンシップに輝くことができるポテンシャルを秘めたチームで働きたかったことを明かした。キャブズ在籍時にもラプターズとはプレーオフで対戦しており、常に競争心に溢れていると感じていたというハンディ。またナースHCからもスタッフとして加入してほしいという意思を感じていたという。

【関連記事】