Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『競馬の着順わかる…』 “情報提供業者”装う男から嘘の電話 50代男性が1300万円の特殊詐欺被害

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

長野市の50代の男性が、「競馬の着順が事前にわかる」などと嘘の電話受け、1300万円をだまし取られる特殊詐欺被害に遭っていたことがわかりました。 警察によりますと、7月下旬、長野市の50代男性の携帯電話に競馬情報提供業者を装う男から、「オーナーズレースというものがあり、レースの着順を組み立てられる。参加すれば、着順をあらかじめ知り、お金を儲けることができる」などと電話があったということです。。 「オーナーズレースの開催が決まった。お金が必要なので、指定の口座に振り込んで欲しい」と再び電話があり、男性は複数回にわたり指定された口座にあわせて1300万円を振り込みました。 その後、男と連絡が取れなくなったことから、被害に気付きました。 警察は、「競馬の着順が事前にわかることはなく、詐欺を疑ってほしい。現金を振り込む前に家族や警察に相談することを心がけてほしい」と呼びかけています。

【関連記事】