Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「政府や厚労省はデータを直視していない」神戸大・岩田健太郎教授が振り返るダイヤモンド・プリンセス号

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 新型コロナウイルス対策について積極的に意見発信を続けてきた神戸大学の岩田健太郎教授が22日のABEMA『NewsBAR橋下』に出演。約3700人の乗客・乗務員のうち、712人が感染、13人が死亡(2020年8月20日0時時点)したダイヤモンド・プリンセス号の乗船について、改めて振り返った。 【映像】神戸大・岩田健太郎教授 感染対策の疑問&日本のコロナ対応ココが変  乗船の経緯について岩田氏は「3000人の乗員・乗客の方がいるので、何人が感染しているかわからない。そういう不明瞭な状況で、横浜に近づいてきた。当時、政府も厚労省も、どうしようかとだいぶ悩んだようだ。とりあえずは降ろさないという判断をしたが、これは日本に感染者がほとんどいなかったので、国内で広げるのが嫌だったというのがあったのかもしれない。いずれにしても今よりもはるかにPCR検査の能力がなかった。ただ、厚労省も“陽性者はそんなに出ないだろう”と高をくくっていた。しかし蓋を開けてみたら、どんどん陽性者が出てきて、困ってしまった。船の中で何が起きているかわからないので、私はすごく不安になり、“なんとしても船に入りたい”とメッセージを出していた。すると厚労省の官僚の方から“入れてやってもいい”というメッセージを頂き、2月18日に入ることになった」と説明。  「まずDMAT(災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム)で救急のお手伝いみたいなことをやり、顔を覚えてもらったら、ちょっとずつ感染症対策をやりなさい、というのが厚労省の官僚の方の作戦だった。しかし連絡が行き届いておらず、DMATの隊長から“君は救急医療なんて何も知らないだろう。感染対策が専門なら、感染対策をやってくださいよ”と言われた。実際、船内の感染対策のやり方は非常にまずく、厚労省の方が背広を着てやらざるを得ないなど、専門家の目から見ると悲惨な状況だった。そこで感染対策をやり始めたが、厚労省サイドのある人物が気に入らなかったようで、“すぐに出ていきなさい”と追い出されてしまった」と振り返った。

【関連記事】