Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロバスケ選手と3x3日本代表候補と経営学の大学院生。小林大祐はなぜ3つのキャリアを目指すのか

配信

ハフポスト日本版

「人生100年時代」と言われる中、スポーツ選手の「セカンドキャリア」は大きなテーマの一つ。最近は現役中にビジネスを始めたり、引退後に新たな分野に転身したりするトップ選手も増えている。 プロバスケBリーグ2部「茨城ロボッツ」の小林大祐選手は、3人制バスケ『3x3』(スリーエックススリー)の日本代表候補。その傍ら、経営を学ぶ大学院にも通っている。 過去の会見では「現役バスケ選手では初。ファーストペンギン、誰も成し遂げたことがないことをやるのが信条」と語っていた。 プロバスケ、3x3、MBA(経営学修士)。3つのキャリアをどう実現させるのか。

全てに挑戦できる場所を求めた

小林選手はかつて、優勝候補のB1宇都宮ブレックス(旧リンク栃木ブレックス)に在籍し、ライジングゼファー福岡時代は創設初の1部昇格の立役者でもある。 チームとしてこれからという時、B2茨城ロボッツに移籍した背景には、3x3と大学院があった。 「ずっと優勝を争う栃木から当時B3だった福岡に移ったのは、Bリーグが驚くようなことをしたいと思ったから。 福岡でB1昇格という1つの役目が果たせ、次に何しようと考えた時、3x3の代表合宿に初めて呼ばれました。プレー経験はなかったですが結果を残せて、自分にも合っていた。 5人制の代表には5、6年呼ばれていなかった。3x3で自分の色を出せたら代表になれるかもしれない。1つの目標ができました」 3x3では世界との差を痛感し、より高いレベルで取り組む必要性を感じた。 だがシーズンが2カ月ほど重なるため、本業の5人制バスケにも影響が出る。 それに理解を示したのが茨城ロボッツだった。 さらに、チームオーナーが私立大グロービス経営大学院の学長で、ずっと頭の片隅にあった大学院行きも後押ししてくれたという。 所属選手に対する奨学金制度第一号として入学を果たした。 「茨城は全面におしてくれました。もし移籍したらグロービスに通わせてくださいと伝えていて、それも勧めてくれた。時間がかかるかもしれませんが、『チームの1部昇格』『3x3でオリンピック出場』『グロービスに現役中に合格』という3本柱で、ぜひやらせてくださいとお願いしました」

【関連記事】