Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついに正式実装! UE4のリアルタイムレイトレーシングを動画で学ぶ1週間~UE4 Ray Tracing Night Week

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CGWORLD.jp

Unreal Engine 4.22から「Experimental(実験的機能、いわゆるベータ版)」として実装されたリアルタイムレイトレーシング機能が、ついに今年5月のバージョン4.25から一般的に利用可能な「Production Ready」に昇格され、安定的に使えるようになった。4.22リリース時に有志により開催されたリアルタイムレイトレーシング勉強会「UE4 Ray Tracing Night @ Tokyo」がオンラインイベントとして復活。「UE4 Ray Tracing Night Week」と称して約1週間にわたり、毎日講演動画をオンライン配信し、最終日には講演者全員によるふり返りとQ&Aに対応する生放送が行われた。各講演の概要をお届けする。

<1>8月17日(月):UE4 Ray Tracing イントロダクション ~UE4 Ray Tracing Night Weekを楽しむために~

初日を飾ったのは、Epic Games JapanのDeveloper Relations Lead 篠山範明氏による「UE4 Ray Tracing イントロダクション ~UE4 Ray Tracing Night Weekを楽しむために~」。UE4やレイトレーシングに詳しくない人に向けて概要を解説する約35分の講演だ。UE4のレイトレーシングの強み・弱み、難しさや注意点についての平易な解説と、得手不得手を理解した上でレイトレーシングを効果的に使えるような紹介が行われた。 まず最初にレイトレーシングとは、3D空間でレイ(光線)を飛ばし、その衝突や黄砂などのレイを追跡することでシーンを解析する手法であることなど、ごくごく基礎的なところから解説がなされ、UE4レイトレーシングの最初の一歩として網羅的かつわかりやすい内容であった。 UE4でリアルタイムレイトレーシングが可能になることで、ゲーム業界からは今までにできなかった表現ができるという期待、映像業界・建築業界からは、これまでの数倍、数百倍の速度で画像を生成できるという期待がもたらされた。主な特徴としては次の5つ。レイトレーシングならではの表現について、従来型の表現との違い、メリット、制限などがわかりやすく解説されている。  ●Reflection(反射)  ●Shadow(影)  ●Global Illumination(大域照明)  ●Ambient Occlusion(アンビエントオクルージョン)  ●Translucency Refraction(半透明屈折) また、UE4のGPUレイトレーシングにまつわる3つの課題も紹介された。  ●レイトレのための世界の構築する必要がある  ●レイの経路の複雑さ(未対応の経路がある)  ●ノイズとの戦い、コンテンツに合わせて最適なノイズ対策、デノイザを活用する UE4を映像制作に用いる場合、UE4.25からBeta版として搭載されているHigh Quality Media Exportという機能が便利に活用できるとのことだ。

【関連記事】