Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豊原功補、俳優とプロデューサー業の両立に意気込み「存分にやっていきたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 豊原功補、小泉今日子、外山文治監督らで立ち上げた映画製作会社「新世界合同会社」の第1回目のプロデュース作品『ソワレ』が8月28日(金)より全国公開。8月19日、外国特派員協会記者会見が行われ、同作に出演する村上虹郎、芋生悠、そして外山監督、プロデューサーの豊原氏が登壇した。  村上、芋生、外山監督の3人が舞台上に登壇すると、集まった海外からの記者に向けて英語で自己紹介。続いて、初めての映画プロデュースに挑んだ豊原は、場内最前列より登壇者を見守る形で姿を表すと、まず最初に「このプロダクションが始動してから、何よりも映画の独自性と自由度を無くすべきではない、という思いを胸に進めてきました。初めての映画プロデュースだから、というだけではなく映画・文化にとって何より一番大切だと考えているからです」と、2018年に外山監督からの誘いを受け、会社を立ち上げてから映画のプロデュースに挑んだ想いを告白。情熱を注いで制作された映画『ソワレ』が28日に公開されることに対し「コロナ渦で世界中が身をすくめる中で、この映画が新たな世界への第一歩となるように応援して欲しいです」とコメント。プロデューサーとして、本作公開に懸けた熱い想いを明かした。

 会場に集まった記者から絶賛のコメントが相次いだ村上、芋生の二人について、キャスティングの決め手を聞かれた外山監督は、「芋生さんは、可憐で儚い魅力を持ちつつも、生命力に溢れた力強さがある。この映画にはどうしても彼女が必要でした。」と強い信頼を示し、村上に対しては「彼が10代の時に一度短編でご一緒していますが、面白い表現者だなと思っていました。現代の若者の葛藤や閉塞感を表現するには、彼が最適だと思ったんです」と明かした。  父親からの暴力を受け、ある事件をきっかけに逃避行へと走る翔太とタカラを演じた二人に対し、センシティブなテーマにどう向き合ったのかという質問が飛ぶと、翔太を演じた村上は「翔太はタカラよりも普遍的なキャラクターになっていると思います。ただ、誠実に生きている中で自分の才能や役者になりたい、という夢と戦っていて…現実にぶつかってくじけていた中で、タカラとの出会い、一瞬だけヒーローにさせてもらったんじゃないか、と思うんです」と明かすと、タカラを演じた芋生は「繊細なテーマをしっかり表現したいと思っていましたが、どうしても実際に経験することができない事。なので、せめてタカラに寄り添おうと思っていました。親を選ぶことはできないけど、自分の道は自分で選ぶことができて、何度でもやり直せるし、女性って力強くてかっこいいということをお伝えしたいです」と重いテーマの中にも希望があることをアピールした。  そんな中、記者からは予想外に豊原へも質問が。俳優とプロデューサー業の両立について聞かれると「海外では、ジョディ・フォスターやクリント・イーストウッドしかり、俳優と制作業を手掛けている方々はたくさんいます。我々も存分にやっていきたいと思います」と意気込んだ。

【関連記事】