Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無印良品「コオロギせんべい」ってどんな味?黒いコオロギの粉が…

配信

女子SPA!

 無印良品からコオロギ粉末を練り込んだ「コオロギせんべい」が発売されました。  フィンランドにある無印良品の現地スタッフに、コオロギのお菓子を紹介されたことがきっかけで、開発されたのだそうです。 ⇒【写真】コオロギせんべい  実はコオロギなどの昆虫は、環境への負荷も少ないことから、国連食糧農業機関(FAO)も推奨している食材です。「コオロギってどんな味!?」などSNSでも話題となった無印良品「コオロギせんべい」を実食レポートします!

「コオロギせんべい」はネットショップ限定

 無印良品「コオロギせんべい」は、現在ネットショップ限定の商品です。先行販売は5月20日から数量限定でスタートしており、筆者も同日に注文しましたが、手元に届いたのは6月4日ムシ(虫)の日でした。  配送会社はヤマト運輸。段ボールには緩衝材がたくさん入っていたので、せんべいは割れずに無事でした。  コオロギせんべい1袋は55g、せんべいが55枚ほど入っています。  直径は、約3.5~4cmと小さめサイズ。  厚さは1mmほど、薄めのせんべいです。  よく見ると、黒~茶色の粉が練りこまれています。おそらく、これが「コオロギ」です!

えびせん風味の素朴なせんべい

「エビは海の昆虫、コオロギは陸のエビ」と言われているほど、コオロギはエビに近いのだそう。  実際に、コオロギせんべいは味も香りも「えびせん」に似ていました。SNSで口コミをチェックしたところ、他の人も同じような感想です。  ただ、普通のえびせんより、少し粉っぽいなと感じました。とはいえ、クセはないので、良くも悪くも、コオロギを食べている感じはありません。  コオロギせんべいは、エビ味の薄い「えびせん」のようで、素朴な味をしています。

コオロギせんべいは、飲み物と一緒に食べよう

 コオロギせんべいは口の水分を奪うため、コーヒーやお茶など、飲み物と一緒に食べるのがおすすめです。塩気があるので、お酒のつまみにも◎。  コオロギが主張することもなく、とても素朴な味なので、何かをのせて食べるのも楽しいと思います。今回、著者は黒こしょうをのせてみました。  コオロギせんべいの黒胡椒のせは、ピリッと辛味がアクセントに。「堅あげポテト ブラックペッパー」風の“コオロギチップス”になりました。  他にもチーズをのせたり、マヨネーズやソースをかけて駄菓子の「お好み焼きせんべい」風にしたりと、アレンジ自在です。

【関連記事】