Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨のパワハラ言動を適法な言い方に直すと? 弁護士が解説

配信

エキサイトニュース

国民的ヒット漫画「鬼滅の刃」をもとに、パワハラ防止法について法律家にお聞きしてく本企画。(※関連記事参照)では、主人公・竈門炭治郎および鬼殺隊の宿敵である鬼舞辻無惨が部下である鬼たちを叱責するシーンを法律と照らし合わせて解説してもらった。 今回は、その続きとなるシーンと、鬼舞辻無惨によるそのほかのパワハラについて「どう対応するのが法律的に正解なのか」を、6月から大企業向けに施行された「パワハラ防止法」の雇用管理上必要な措置を講じる義務を踏まえて村田浩一弁護士に解説してもらう。

「お前はいつも」ではなく、注意指導は具体的にタイムリーに ――では「パワハラ会議」のなかで、無惨さんに口答えした下弦の鬼の1人がただただ殺戮されるシーンを見ていきます。

村田浩一弁護士(以下、村田):ここはまさに、パワハラ6類型でいうと1つめの「身体的な攻撃」ですよね。これはもう完全にアウトで、たとえば「殴る」といったことになると、どれだけ教育的な目的があっても基本的にはパワハラとなります。

――無惨さんの場合はパワハラどころの騒ぎではないような気もします。 村田:そうですね。傷害や殺人といった刑法犯の話になっている気はします。パワハラかどうかの問題ではなく、ただの不法行為です。 ――今までのシーンでは、損害が起きていないのでパワハラではあっても訴訟は難しいとされていましたが、身体に攻撃があったので、そろそろ下弦の鬼も訴訟ができますよね? 村田:そうですね。損害が発生していますからね!

――ここでついに無惨さんに損害賠償請求……! そして、そのまま別の鬼が無惨さんにやられるシーンを見ていきます。

村田:ここで気になるのは注意指導のやり方です。「お前はいつも鬼狩りの柱に遭遇した場合逃亡しようと思っているな」というセリフがありますが、これだと、いつ・どの行為について注意しているのかわからない。 注意指導は「具体的に」「タイムリーに」行うべきで、ここならたとえば「6月23日にどこで誰と遭遇したときに逃げ出した」「あそこでは逃げ出すのではなく、〇〇という技で闘ってほしかった」といった言い方をすべきです。

【関連記事】