Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「切腹した。職場で5回」年収1000万円銀行員…暴挙の真相

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

薬物、お酒、ギャンブル…。いつの時代も人々を悩ます「依存症」「こころの病」の問題。本記事は医療法人社団榎会理事長である榎本稔氏の書籍 『ヒューマンファーストのこころの治療』(幻冬舎MC) より一部を抜粋し、解説していきます。

「会社のせい」と言うが本人は優秀な人物でもなかった

◆5度も切腹した銀行員 「自分にはほかの人にはない確かな能力があるのに、職場がぜんぜんそれを認め生かしてくれないんです。どう見ても自分に不向きな仕事ばかりをやらされる。それがストレスになって、こんなことになってしまったと思います。職場がもっと適材適所の人事をしてくれていれば、病気にならずに済んだのに……」 うつ病の診断を受けてデイナイトケアに通っている39歳の男性は、自分がなぜ病気になったのかを考えるプログラムで、こう打ち明けました。 大学を卒業して大手銀行に入行した経歴は、世間的に見れば“勝ち組”に入るのかもしれません。が、正直なところ、本人がいうほど優秀な人物であるようには思えません。おそらくは本人の自己評価と、世間の評価に大きなギャップがあったのでしょう。 彼は仕事ができないのを「会社が自分の能力に適した仕事を与えないからだ」と考え、ストレスを募らせていきました。そうしてあるとき、ストレスが臨界点に達してカッターで自分の腹を切ってしまったのです。 ワイシャツは鮮血で真っ赤に染まり、職場はパニックになりました。社内では「あの人は気が狂ったみたいだ」などと噂がたちましたが、ひとたび「うつ病」という診断名が下ると周囲は納得し、同情的に気づかってくれました。彼は会社の規定で半年間の療養期間を与えられ、十分に休養した後職場に復帰しました。

ナゼ?「彼はまた職場で腹を切ってしまいました。」

ところが、いまのご時世どの業界も激しい競争を繰り広げていますから、半年間も職場から離れていると、なかなかキャッチアップできません。 本人は第一線で活躍したいし、自分にはその能力があると自負している。けれども、職場はもともと彼にそれだけの価値を見出していなかったのだと思います。ましてやうつ病になって腹を切ってしまった人ですから、とても責任ある仕事を任せられません。そのことがストレスになって、彼はまた職場で腹を切ってしまいました。 彼の勤務先は労務管理のしっかりとした企業ですから、病気を理由にリストラをされることはありえません。彼はふたたび休暇をもらい、療養生活に入りました。 職場に行かなければストレスはありませんから、普段の彼はいたって元気にしています。収入面でも多少は減額されるとはいえ、もともと年収1000万円クラスですから余裕があります。彼女とデートをしたり、海外旅行に行ったりと優雅なものです。 そうして療養期間を終えて職場に復帰すると、またうつ病を発症して腹を切ってしまう。彼はこんなことを、なんと5回も繰り返したのです。

【関連記事】