Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

PGAが米主要スポーツ最初の再開。トップ5が勢揃い、松山英樹も渡米。

配信

Number Web

 3月半ばから休止状態に陥っていた米ツアーが今週のチャールズ・シュワッブ・チャレンジ(6月11日~14日)から、ほぼ3カ月ぶりに再開されようとしている。 【秘蔵写真】シブコのレアな女子高生時代に強く美しかった宮里藍、若きウッズ、松山、石川遼に青木・中嶋・尾崎の凄いオーラ。  永遠の王者タイガー・ウッズの姿こそ無いが、米ゴルフ界のもう1人のスーパースターであるフィル・ミケルソンは試合会場となるコロニアルCC(米テキサス州フォートワース)へ意気揚々とやって来る。  世界ナンバー1のローリー・マキロイをはじめとするトップ5全員が顔を揃える。すでに注目のペアリングも発表されており、ゴルフファンは初日のTV中継を待ちわびている。  凍結されていた世界ランキングも今週の再開初戦後から動き始める。世界の他ツアーが再開されない中、「米ツアーのみの結果によって世界ランキングが動き出すのは、いかがなものか?」という声もある。  だが、ゴルフ界には「米ツアーが動けば、世界が動く」という図式が出来上がっているようで、たとえ賛否両論があっても、米ツアーの動きは世界の動きになっていくのだろう。

主要スポーツで「最初」である重要性。

「コロナ禍の米国の主要なスポーツで、まず最初に再開するのは、我がツアーである」  米ツアーを率いるジェイ・モナハン会長は「最初」「first(ファースト)」に強いこだわりを見せる。それは、自分たちが世界のゴルフ界を牽引するリーダーであるという自覚とプライドの表れである。  とはいえ、暴走してはならないという意識は当然ながら持ち合わせ、細心の注意を払いながら再開に挑もうとしている。 「これは、ルールを守りながら行う新たなチャレンジだ」  その通り、アフター・コロナの新しいチャレンジが、間もなく始まろうとしている。

チャーター機はあるが乗れるのは先着順。

 言うまでもなく、最大の「チャレンジ」は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するための対策である。  米ツアーは選手やキャディの試合から試合への移動用に170人乗りのチャーター機を用意し、現地ホテルも借り上げて準備を整えている。しかし、ソーシャル・ディスタンスを維持するために座席間を空けるとなると、搭乗可能な席数は、わずか114席になる。  選手は600ドルを支払えば、先着順で乗れる。  だが、乗れなかった選手らは自身でプライベートジェットや一般航空会社の便を利用するしかなく、専用ホテル以外に宿泊するケースも含めると、感染リスクをどこまで抑えられるのか、まだまだ問題は山積している。

【関連記事】